2018年紫苑S レース展望

JUST競馬予想ブログ

紫苑S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


いつの間にか、馬込みからスルスルと。

ちょっと、クリストフが止められない感じになってきた。

筆者の推したランドネは、スタートが完璧。

夏から秋にかけての中山は、どんなに仕立てたところで、直前に雨でも降らない限り、馬場の質が悪くなることはない。

晴れて、ある程度風が吹いていた。

勝負所を心得たルメール騎手は、ランドネが気持ちよく前に行っている時も、そこにカレンシリエージョが絡んでいくことがあっても、直線の反応を計算したかのように、仕掛けのタイミングをしっかりと弁えて、直線まで仕掛けを待った。

こんなノームコアは初めてじゃないか。

いや、スローのレースしか経験していない彼女に、距離延長での成績の充実と、実は2勝以外の本賞金がない事実とを合わせて考えると、強引な形を押し付ける外枠の諦めの競馬はさせたくなかったのだろう。

平均ペースから、徐々にペースアップする形は、ハービンジャー産駒の上がりが速すぎるとさすがにキレ負けする特性からも、とても望ましい流れでなった。

直線は独走。

内から外へは出せたが、マウレアはいつもの感じの最後の追撃で2着止まり。

これにペースを作ったランドネが、絶対的な時計と持続性のA級レベルに足らない逃げで3着だから、人気勢で一番賞金が欲しかった馬が勝っただけの結果。

波乱でも何でもない。

このレースにしてはまともな時計の決着で、ほぼ充実度が現れた競馬。

彼女たちが物凄く成長したという馬体の印象ではないかったから、来年はともかく、今年は本番で勝ち切るまでの馬はいない気もする。

ノームコアもスピード型ではないので、1分57秒台では死角が多い。

敢えて推すなら、ここでは4着、母はアニメイトバイオということもあり、オークスも差してダメだったパイオニアバイオのランドネ並みの積極策があれば、それが期待できるところか。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方