2017年・日本ダービー予想の無料公開

2017年・日本ダービー予想は5月27日(土)に無料メルマガで配信予定です。ご期待ください。メルマガの無料登録はメールアドレスの入力だけ。配信解除も簡単にできます。

昨年2016年にメルマガ公開した日本ダービーの予想を下記のページに掲載しました。
>> 2016年 日本ダービーの予想公開

無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」とは

競馬研究歴25年の発行人が重賞レース予想を配信(不定期刊)。創刊から13年、まぐまぐ!殿堂入りの定番マガジンです。

【当メルマガ的中最高配当】
函館スプリントSは、6番人気パドトロワに◎を打ち、→ 1着!
馬 連 ◎―△ 9,040円的中!
馬 単 ◎→△ 2万1,330円的中!
3連単 ◎→△→▲ 16万2,690円的中!

■無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」の登録方法

メルマガのご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。ご購読はもちろん無料です。

登録 メールアドレス:

■日本一のメルマガ「まぐまぐ!」の公式マガジンにも執筆!

重賞レースの有力馬解説を公開するメールマガジン 『馬券名人養成プログラム』 は、「まぐまぐ」や「まめ〜る」などを通じて、 毎回約 4,000名の読者様に配信しております。

筆者は、2004年から2005年にかけて約1年間、そして2008年度も、まぐまぐ!の公式マガジン「競馬のまぐまぐ!」(約20万部発行)に予想記事を執筆させていただきました。殿堂入りメールマガジンとしても認定されております。

日本ダービー 過去の予想と過去の結果

2014年「日本ダービー」3歳G1 芝2400M

やはり皐月賞の上位組が人気を集めているようですが、そこで11着 と力を出し切れなかったトーセンスターダムの巻き返しを期待しま す。

飛びのきれいな馬で、皐月賞は「3コーナーから一気に行きっぷり が悪くなり、ビックリしたような走りになってしまいました。」と いう武豊騎手のコメントがあったように、馬場の悪いころを通って しまったことが敗因かもしれません。しかし状態面もベストではな かったような気がします。

京都2歳S、きさらぎ賞(G3)はともにアタマ差という点が「辛勝」と 見られているかもしれませんが、レースを使うことによるダメージ を最小限に抑えたいという乗り方でした。それだけ将来性を期待し ていたのでしょう。

しかし馬場の渋っていたきさらぎ賞でラスト1ハロンは11秒を切るか 切らないかの末脚。まだ体が緩いという時でしたので、当時よりは 成長の見込める今回、フルパワーを発揮すれば好勝負間違いなしと 見ます。

相手は皐月賞で圧勝したイスラボニータ。JC2着のドリームパスポー トなど例外はありますが、マイラーが多いフジキセキ産駒でもあり 2ハロンの延長で過信は禁物。

ワンアンドオンリーは皐月賞で大外を回って0秒3差4着。最後の最後 で加速したように、エンジンの掛りが遅い分、今回の舞台なら逆転の 可能性もあります。

◎トーセンスターダム
○イスラボニータ
▲ワンアンドオンリー
△トゥザワールド・ベルキャニオン・レッドリヴェール・ワールドインパクト

2013年「日本ダービー」3歳G1 芝2400M

皐月賞は前半3ハロンが34秒1、5ハロンが58秒0というハイペースで 後半も速かったためスーパーレコードの歴史的決着となりました。

勝ったロゴタイプと同様、テンの3ハロンを35秒0とマイルG1に匹敵 するラップで通過して0秒1差2着のエピファネイアも能力的には相 当高い。

3着のコディーノはさらに速い34秒8で3ハロンを通過、着差のある 3着でしたが、厳しいラップを踏んだ分、能力的には上位との差は ありません。

ここまでレベルが高く、消耗戦でもあった一戦の後は「反動」を気 にするべきなのですが、特に社台系の馬が短期放牧を挟んだ場合は、 消耗が修復されている傾向にあり、ロゴタイプとコディーノは問題 なしと見ます。

問題はエピファネイア。厩舎でじっくりと乗り込んでいるようです が、ソエで思い切った稽古ができないという話。スタンド前で行き たがる気性も気になりますので割引が必要です。

で、結論ですが、ここはコディーノから狙います。皐月賞はスター ト後に外から押し込められ内の馬と接触したため行く気になってし まったことと、前述のキツいラップ。そして中山はあまり得意とは いえないのかもしれません。

マイナス点が多かった前走とは違い、今回は東京スポーツ杯2歳S (G3)でレコード勝ちした舞台。さらにじっくりと先団のインで追走 できる枠順からも、逆転可能と見ます。

キズナはこの2走が強い勝ちっぷりでしたが、相手関係が楽すぎ。 正直、社台グループよりは豊が勝つところを見たいという個人的な 思いもありますが、私情に流されず▲まで。

中2週でローテも適正も厳しいですが、ハイレベルの一戦だった NHKマイルカップ(G1)組の2頭と、青葉賞勝馬を押さえます。

◎コディーノ
○ロゴタイプ
▲キズナ
△エピファネイア・マイネルホウオウ・フラムドグロワール・ヒラボクディープ

過去の「日本ダービー」上位入線馬

2001年 1着ジャングルポケット 2着ダンツフレーム 3着ダンシングカラー
2002年 1着タニノギムレット 2着シンボリクリスエス 3着マチカネアカツキ
2003年 1着ネオユニヴァース 2着ゼンノロブロイ 3着ザッツザプレンティ
2004年 1着キングカメハメハ 2着ハーツクライ 3着ハイアーゲーム
2005年 1着ディープインパクト 2着インティライミ 3着シックスセンス
2006年 1着メイショウサムソン 2着アドマイヤメイン 3着ドリームパスポート
2007年 1着ウオッカ 2着アサクサキングス 3着アドマイヤオーラ
2008年 1着ディープスカイ 2着スマイルジャック 3着ブラックシェル
2009年 1着ロジユニヴァース 2着リーチザクラウン 3着アントニオバローズ
2010年 1着エイシンフラッシュ 2着ローズキングダム 3着ヴィクトワールピサ
2011年 1着オルフェーヴル 2着ウインバリアシオン 3着ベルシャザール
2012年 1着ディープブリランテ 2着フェノーメノ 3着トーセンホマレボシ
2013年 1着キズナ 2着エピファネイア 3着アポロソニック
2014年 1着ワンアンドオンリー 2着イスラボニータ 3着マイネルフロスト
2015年 1着ドゥラメンテ 2着サトノラーゼン 3着サトノクラウン
2016年 1着マカヒキ 2着サトノダイヤモンド 3着ディーマジェスティ

「タダの裏情報で【万馬券】をGETする方法」など
貴重な記事満載!!
競馬必勝法各論TOPページ