馬体を緩める

先週の日曜日は、情報提供を休止させていただきました。確信のレースがないときは、ご提供しないというシステムに変更して正直、助かりました。

実は、日曜日はあまり候補がありませんでしたが、1つだけ、函館のマリーンステークスでラントゥザフリーズを軸に予想しようと思っていました。

芝ではありましたが、共同通信杯を勝ち、皐月賞4着の実力馬が相手関係からチャンス十分に思われたからです。

前々走の東京ダ1600mでテンの3Fを35秒5と速いラップを踏んで2着、前走も逃げて2着とギリギリのレースが続いたので疲れさえ出ていなければ大丈夫だと思い、中間の状況を調べてみました。

ところが、前走(6/25)後、時計を出したのが7/10。時計を出し始めるのが若干遅い気がしましたが、これはよくあるパターン。しかし、7/10の時計も、半マイル60秒1。時計とはいえない15-15のキャンター程度のものでした。

ここで考えられたのは、キツイレースが続いて中間「馬を緩めた」ということ。たまに勝つこともありますが、これは見送るべきパターンでした。やはり見送って正解。スタミナ不足といった感じで5着。

勝った後や、馬に疲れが見られたりすると、馬に楽をさせることがありますが、これを「馬を緩める」とか「馬体を緩める」といいます。

文字通り、馬は緩急をつけて使われます。これは、ローテーションや調教パターンで、注意深く見分けなければなりません。

※このコラムは、2005.07.20に発行したメールマガジン「馬券名人養成プログラム」に掲載したものです。

「タダの裏情報で【万馬券】をGETする方法」など
貴重な記事満載!!
競馬必勝法各論TOPページ

メインメニュー

競馬必勝法メニュー

競馬予想コラム

メルマガ登録ほか

殿堂入りメールマガジン

世界の子供にワクチンを 日本委員会