競馬予想会社の正しい探し方(私の経験と考え方から)

パソコンで情報を探す青年

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある私が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

●予想方法を示せ!

競馬予想会社を探すとき、まずはじめに、どのようなかたちで予想をしているのか、その方法やテクニックを一部でも紹介しているのならチェックすることが必要だと思います。ただ買目だけを提供するのは素人でも可能だからです。そのためにもまずは「無料登録」をして様子を見る必要があります(詳細は下記)。

●「優良」か「悪徳」か?客観的な判断である程度は分かる

悪徳会社であるかどうかの評価基準は、なんと言っても広告です。毎週のように100万単位で儲かっているとか、明らかに誇大で信憑性を欠く内容であったら、金儲け第一主義のあらわれだからです。たとえそれが悪徳会社ではなくても、競馬ファンの立場にたって運営をしている良心的な会社とはいえません。

●年間で回収率が200%も300%もあるわけがない!

一時的(短期的)には大幅プラスが可能でも、年間で回収率が200%も300%もある予想会社が存在すると思いますか?そのような会社に入会し、家を建てたというような話を聞いたことがあるでしょうか。被害に遭う方の多くは、ありえない話を信じてしまう傾向があるようです。あなたは大丈夫ですか?

探せばある!これが見極めのポイント

●「無料予想」で実力を試す!

ご自分で選んだ競馬予想会社が、優良なのか、悪徳なのか?その点を見極めることも大事ですが、まずは、その会社を知るために無料メルマガ等の無料予想を試すという方法があります。

ランキングや比較サイトを当てにするよりは、まずはメルマガ登録です。すべての会社が無料予想を提供しているわけではありませんが、悪徳かどうかという以前に、実力があるかないかを確認することができます。

実はこの「無料予想」こそ、どの会社も一番力をそそいでいる勝負レースなのです。これが当たらなければ、実力を証明して会員を獲得するどことか、反対に当たらないという烙印を押されてしまうからです。

●無料なら!でも、、、注意が必要!

私の知人は何社もの競馬予想会社に登録し「無料情報」の的中実績を集計しております。そしてそのおいしい部分だけを利用してプラス回収になっているといいます。お金のかかる情報は一切使っていません。でも、登録するために電話番号や名前を登録するのは禁物、以下の条件を確認することが重要だといいます。

  1. 電話番号や名前を登録する必要がない。無料情報に自信があるところは、電話勧誘などしません。
  2. メールアドレスの登録だけで情報をもらえる。
  3. ケータイアドレスしか受け付けないところはだめ。パソコン用のアドレスでも登録できること。

●無料でも、万馬券がコンスタントに的中(裏ワザお教えします)

この3つの条件を満たし、なおかつ彼が実際に利用して最も成績の良い無料予想を提供している競馬予想会社を教えてもらいました。以下の予想成績は当サイト管理人が実際に登録して確認した的中実績です。間違いなく実力の高い競馬予想会社です。(以下のリンクは予告なく掲載を終了する場合があります。)

■プレミアム〜極上投資競馬〜

トップクラスの的中実績を誇る競馬予想会社です。無料予想は1日に1レースだけですが、有料情報と同等の買目が公開されます。過去には12万馬券も的中。
無料予想は、 2017/10/01 阪神4R 3連単49,010円(60点)、 2017/09/24 阪神5R 3連単24,510円(36点)などを的中。
※2017/10/29更新、( )内は買目点数
詳細は⇒ 「プレミアム〜極上投資競馬〜」 解説ページ をご覧ください。

■ハイブリッド

無料予想は1日に1〜2レース、3連単で提供されておりましたが、現在は1日1レースのみ、3連複での提供となってしまいました。3連単で提供していた当時、当サイトでも実際に無料登録して確認し、実力はこれまでで最高レベルであると判断しました。
2016/12/18 阪神2R 3連単2万0,970円(30点)、 2016/12/17 中京5R 3連単3万3,180円(30点)などを的中。
※( )内は買目点数
詳細は⇒ 「ハイブリッド」 解説ページ をご覧ください。

競馬予想会社を正しく探すためのTips

【1】自作自演ランキング?

いまさらですが、競馬予想会社を利用しようと思っている方が一番気になるポイントは、予想がどれだけ当たるかということとともに、その会社が悪徳かどうか?言い方を変えれば「良心的かどうか」ということでしょう。

私が個人的に悪徳であると判断した会社がいくつかありますが、いろいろなランキングサイトを見ているとその悪徳会社の一つが上位にランキングしていたりして、首をかしげることがあります。総体的に悪徳であっても、ある側面だけをチェックして、その悪徳会社を優良と判断してしまったのでしょうか。いやいや、そんなことはありません!

ランキングサイトによって、その評価基準が異なるということは当然あるでしょうが、中にはある競馬予想会社グループが立ち上げた“自作自演”のランキングサイトもあるくらいですから注意が必要です。競馬予想業界のことはもちろん、最近話題のステルスマーケティングについても精通していない一般の競馬ファンに「気をつけてください」と言っても、どこをどう気をつけたらいいのか分からないですよね。

これら業界のことが分からない方は、ご自分で十分吟味したうえで、無料会員として何社か登録してみて、予想やサービスをいろいろと比較するといいでしょう。注意していただきたいのは、いきなり有料予想に飛びつかないこと。あくまでもその競馬予想会社の実力は、無料予想で判断するということです。

【2】優良、悪徳の判断基準

巷には特定の競馬予想会社を、優良とか悪徳とか断定しているサイトがあります。前回のTipsでも書いたように、その判断基準は様々です。

会員に対する応対の良し悪しも入会する前に知っておきたい情報ではありますが、極端な話、予想が全く当たらない場合のアフターフォローが良いか悪いかはどうでもいいことです。一番知りたいことは、予想成績(的中率、回収率の高さ)が良いか悪いかです。

ここで一つ確かな基準が見えてきます。それは、予想成績と会費のバランスです。予想成績が飛びぬけて良いのであれば、会費が高くて当然。予想成績が極端に悪ければ、逆に会費を返せということになります。

この基準で言えば、優良会社=予想成績が良いけれど会費が安い会社。悪徳会社=予想成績が悪いにもかかわらず会費が高い会社。ということになります。しかし悪徳の悪徳たる所以は、クレームを付けた会員や退会していく会員に対し、「実はもっと当たるコースがありますよ」とさらに会費の高いコースをすすめ、高額の会費を要求してくることです。万が一このような状況に直面した場合、「これは100%悪徳だな」と判断し、一切相手にしないようにしましょう。

【3】参考コラム

ニュース Pick UP

競馬予想会社の偽サイト事件

詐欺に騙された男性

競馬予想会社の偽サイトを作って、73歳の男性から多額の現金をだまし取った容疑で会社員(29歳)と無職の男(30歳)が逮捕されました。

予想がハズれたとか情報料が高いとかのレベルではなく、「743万円が当たった。手数料が入金されないと配当金が支払われない」と言い、手数料として約220万円をだまし取ったということです。

これは競馬予想会社の詐欺というよりは、ノミ屋が詐欺を犯したという事件ですが、競馬ファンの中には競馬予想会社とノミ屋を混同している方多いという事実を表しています。会費を取って競馬予想を行うことは合法で、ノミ行為は違法です。

「ノミ屋が詐欺を犯した」と書きましたが、入り口が競馬予想会社の偽サイトということで、純粋に競馬予想会社を探している方が類似の事件に巻き込まれないよう、このニュースをピックアップしました。

ウェブサイトを作るのは簡単です。まして詐欺を犯してすぐに閉鎖するつもりであれば、他サイトをコピーして一部を差し替えるだけで十分役目は果たしてしまいます。これは新しいパターンですね。今後類似の犯罪が行われる可能性が高いと思われますので、注意が必要です。

サイトを見ただけで詐欺サイトかどうかを判断するのは不可能ですが、最低でも特定商取引法で定められている責任者の氏名、電話番号、会社の所在地等が記載されているかどうかは確認するべきです。

(2015/10/23)

競馬予想会社の社員になるまで(1)

管理人が競馬の深みにどんどんハマって終いには競馬予想会社の社員になるまで、そして入社した後の話も記しております。

あんちょこ予想屋との出会い(その1)

私は元々は通信機器の製造メーカーに勤めていたのですが、そこで知り合った競馬好きの上司(課長)に東京競馬場に連れて行かれ、競馬にハマってしまいました。

課長には競馬だけではなく伊勢佐木町など夜の街にも誘われ、いろいろと遊びの手ほどきをしてもらった覚えがあります。仕事の面でもたくさん教えを請いたはずですが、まったく思い出すことができません。

会社にはもう一人、競馬好きの上司(部長)がおりました。部長は何でも簡単に考え簡単に済まそうとする、いわゆるいい加減な人間でした。仕事同様、競馬の予想もまじめに検討するタイプではなく、「あんちょこ」なるものを使っていました。

「あんちょこ」さえあれば馬券なんて簡単に当たるんだよ、と言いつつもをそれを見せてくれることはありませんでした。ろくに検討もせずに、なぜ簡単に馬券を当てることができるのだろう?ろくに仕事もできないのになぜ部長まで出世できたのかという疑問とともに私には大きな謎でした。

しかし私も競馬予想を深めていく間に「あんちょこ」の正体を知ることになりました。

当時住んでいた東急東横線の某駅から競馬場に行くには時間もかかるし、別に馬を見て判断するというほど目が肥えていたわけでもありませんから、私は電車1本で行ける渋谷場外に毎週通っておりました。

まだあのころの場外馬券売場にはウインズなどという洒落た名前は付けられておらず、場外と呼ばれており、客といえばほとんどオヤジばかり。

たまに女連れで来場している男を見ると、「なんだ鉄火場に女なんか連れてきやがって」などと思っていたくらいですから、話相手もおらず、ひたすら競馬新聞との睨めっこ。馬券が的中したとき以外に楽しみといえば、場外の入口近くに店を構えている予想屋の口上を聞くことでした。

続きはこちら

競馬予想会社を利用する事について

●実際に入会したことがあります

競馬予想会社を利用することを恥じる方が時々いらっしゃいます。しかし、恥じる必要などありません。

この業界に入る前の話ですが、当サイトの管理人である私も2社ばかり競馬予想会社に入会したことがあります。1社目は名前をわすれましたが、開催日の当日に電話連絡すると口頭で買目だけを教えてくれるところでした。

それがいわゆる悪徳会社だったのかどうかは分りません。  たぶん1開催の契約だったと思いますが、開催途中で情報を聞くのをやめてしまいました。当たらなかったからです。

もう1社は、今でもスポーツ新聞に広告掲載をしている大手の情報会社です。有名評論家が予想監督をしていて、その方の本を私は読んだこともあり、試してみようというよりはかなり期待し、友人と情報料を折半して入会しました。

その評論家は、私の知る限り競馬予想に情熱を注いでおられる方で、その会社は悪徳会社ではなかったと確信しております。

一般のレース予想は毎回2,3鞍提供されますが、勝負レースは1ヶ月に3回程度だけしか提供されません。私たちはその勝負レースだけを購入しました。

1回目が外れると次は購入金額を少し増やすというやり方で続け、3回目がハズれると期限が残ってはいましたが、もう予想を聞くことをやめてしまいました。

それ以降、情報会社を利用することはなくなりましたが、独自の研究を進めるとともに競馬業界に入り、競馬関係者・競馬マスコミから予想会社まで競馬サークル全般と係わることとなり、そのような情報の必要がなくなってきたというわけです。

●素人考えで馬券を買い続けるよりはマシ?

しかし、私のように徹底して競馬にのめりこむ人間は稀な存在で、普通の競馬ファンが馬券を当てるために自分より競馬に詳しい、競馬予想を職業にしいる玄人の情報を頼りにするのもある意味正しいことだと思います。

素人考えで馬券を買い続けるよりはマシであると考えるのは、間違いではありません。そして玄人がどのようなレースを選び、どのような馬を狙って勝負するのかを知るのもいい勉強になるはずです。

以上、情報会社に2度も入会し、その後予想業界に身を置き、自ら競馬予想サイトも運営している私の経験から得た「競馬予想会社見極め」のエッセンスをお伝えしたつもりです。最高の予想屋さんを見つけるヒントがありましたね。ぜひ、ご参考になさってください。

メニュー

関連コラム

ピックアップ解説

競馬予想会社に関する最新情報〜JRAが悪質な業者名を公表

JRAのウェブサイトには特設ページがあり、悪質な予想・情報提供業者に注意するよう呼びかけられております。そしてJRAでは独自に被害実態を調査し高額な情報料を要求したり虚偽の広告を掲載している悪質な業者名を公表しております。

競馬予想会社の有料会員として入会する場合、公表された業者名のチェックは欠かせませんが、同じ業者が会社名を変えて新たに立ち上るケースもあるので、注意が必要です。

そこで最近の事例を参考に、悪質な業者の見分け方を記します。公表された悪質な業者の特徴として、あたかもJRAと関係があるような団体をでっち上げ、そこから極秘の情報を得ていると広告に掲載していることです。

業界に詳しい広告代理店の方に聞いた話では、「JRAが公表した予想・情報提供業者の多くは、電話で勧誘してくる、いわゆる電話勧誘系の会社」だということです。なので無料会員として登録する場合、電話番号の入力を必須項目とするような競馬予想会社には注意していただきたいと思います。

参考:不当な勧誘で誘う「競馬予想情報提供サービス」に注意(国民生活センター)

メルマガ登録ほか

殿堂入りメールマガジン

世界の子供にワクチンを 日本委員会