2005年【シンザン記念】の公開予想

「シンザン記念」 京都 3歳G3 芝1600M

◎ペールギュント
3走前はデイリー杯2歳Sを勝っている。 3F 34.5 - 5F 58.6 とかなりのハイ ペースで、展開利はあった。しかし、鞍上の小牧太騎手もコメントしていた ように、休み明けで「かなり太かった」にもかかわらずアッサリと勝つあた り、相当な素質の持ち主である。

2走前の東京スポース杯2歳Sは、直線で被される不利があったが前が開いて からの伸び脚には見どころがあった。前走朝日杯FSは、デイリー杯以上の超 ハイペース。展開はピッタリだったが、やはり直線は馬群をスムーズに抜け 出せず力を余した。
今回は3走前に勝ったデイリー杯と同じ京都の外回りコース。さらに武豊が 鞍上なら、重賞2勝目のチャンス。

○ライラプス
ハイペースを先行し2着に粘ったデイリー杯2歳Sが、デビュー2戦目にしては 優秀な内容。次のファンタジーS 4着は万全ではなかった感。 阪神JFは不利 な大外枠と出遅れ。Mペースでもあり0.4秒差まで迫ったのなら逆に評価でき る。

▲マイネルハーティー
3走前の500万条件勝ちが、京都の芝1400M。 スローペースを最後方から進出 し、4角では大外をマクるように追い上げ、33.8秒の上がりで圧勝。 前走朝 日杯FSは、 3走前と同様終いに徹する極端な騎乗でペールギュントとはクビ 差。上がりは最速の34.8秒をマークしており、追い出しのタイミング次第で は好勝負可能。

△ロードマジェスティ・ディープサマー・マルカジーク・レットバトラー