2006年【朝日杯フーチュリティステークス】の予想見解

中山「朝日杯フーチュリティステークス」 2歳G1 芝1600M

成長に影響する、レースが嫌いになってしまう、等の理由で2歳戦ではまだ ギリギリの仕上げ、目一杯のレースを行わないケースが多く、それらのレー ス内容だけで能力を判断できないことが多々あります。

先週の阪神ジュベナイルFもその一例であったと言えなくもありません。古 馬1000万レベルを凌ぐ時計を楽々とマークしたアストンマーチャンを負かし た馬ウオッカが現れました。これからもクラシック候補は何頭か名乗りを上 げるのでしょうが、あの上位2頭は来年も要注目です。

さて、今回は2歳のチャンピオンを決定するG1レース、来年を見据えつつも “ここ目標”というかなり目一杯で勝負がかりのレースが行われることは、 例年の結果がクラシックに結びついていることからも明らかです。

◎はドリームジャーニー。ディープインパクトがそうであったように、小柄 でも強い馬は強い。2戦目の芙蓉Sで今回と同じ中山のマイルを勝っておりま すが、その勝ちっぷりがタダモノではありませんでした。スローで前残りの 流れを直線では中団からアッサリと差し切りましたが、最後の急坂を駆け上 がる瞬発力は、ラスト1ハロンで11秒を切るか切らないかという凄さ。

そして前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、3着ではありましたが、調教で負荷 をかけたことで当日はテンションが上がりすぎてしまったことが敗因。最速 の上り時計をマークしたように、決して力負けではありません。馬場の悪い インを通って猛追したように、馬場が渋っても力は発揮できるタイプです。

同じ東京スポーツ杯2歳Sで同じようにゴール前伸びて2着のフライングアッ プルを○に。こちらは比較的馬場の良い外を伸びてきました。中2週続きで ある点は若干割引きです。

本日、鳴尾記念を勝ったサクラメガワンダーと併せて互角といっていい動き を披露した▲アドマイヤヘッド。前走の京王杯2歳Sは距離不足の印象です。 ここで本領発揮となる可能性を秘める素質馬です。

そして、新馬〜野路菊S〜デイリー杯2歳Sと3連勝中の△オースミダイドウ。 デイリー杯2歳Sが、それほどインパクトのある勝ち方ではありませんでした ので、少し人気しすぎであるように思えます。

◎ドリームジャーニー
○フライングアップル
▲アドマイヤヘッド
△オースミダイドウ・ゴールドアグリ・マイネルシーガル・マイネルレーニア