2006年【日本ダービー】の予想見解

東京「日本ダービー」 3歳G1 芝2400M

皐月賞は石橋、オークスは本田。地味なジョッキーがビッグレースを勝つ このパターン、好きです。いつもリーディング上位の騎手ばかりが勝って いたのでは、面白くありませんから。

もともとダービーで狙おうと決めていたのは、◎アドマイヤムーンです。 武豊がダービーでどの馬に乗るかを決めかねていた時点から、この馬と決 めておりました。鞍上はG1の常連さんですが、今週は勝ってもらいたいで す。

このアドマイヤムーンですが、ラジオたんぱ杯2歳Sでは久々ということも あり、ハナ差敗れはしましたが次の共同通信杯(G3)での勝ちっぷりが圧巻 でした。東京スポーツ杯2歳S (G3)・朝日杯FS(G1)と連覇していたフサイチ リシャールをまるで子供扱い。持ったままで坂を上がって、追ったのは残 り200Mだけでしたね。距離は違いますが、あの内容、あの強さは3歳でナン バーワンです。

しかし馬場の渋り具合では断トツ!とまではいいきれません。良馬場では ありましたが渋っていた皐月賞で、いくら外枠から大外を回った距離ロス があったとしても、もう少し走る馬であったはず。渋った馬場もマイナス であったと思います。

ただ、それだけでなくデキそのものもイマイチであった可能性が高いです。 その証拠が、今回の猛スパーリング。厩舎で究極の仕上げと豪語しており ますが、いかにも皐月賞では手加減してしまったことを悔いております。 このあとは休養に入るから後のことは考えないとも語っておりますが、本 来のパフォーマンスを発揮できさえすれば、好勝負となるはずです。

リーディングで常に上位のジョッキーではありますが、G1が舞台となると 地味に写ってしまう柴田善の○アドマイヤメイン。皐月賞を見送ってダー ビーだけに照準を絞ってきた馬です。

5ハロン通過が60秒0と阪神コースでは厳しいペースの毎日杯を逃げ切った心 肺能力は相当なもので、前走、青葉賞でも決して楽ではないペース、そして 4角では後続に詰め寄られましたが、直線では突き放して圧勝。マイペース となるかどうか、展開次第では逆転も可能です。

▲サクラメガワンダーは、アドマイヤムーンと同様、皐月賞で大外を回った 不利を差し引けば、挽回可能な能力の持ち主。ラジオたんぱ杯2歳Sのゴール 前100Mくらいから、アドマイヤムーンと一緒に他馬を一気に突き放し、わず かに競り勝ちました。2度目の内田博が、あの脚を上手く生かすことができ れば、上位争いとなります。

馬場が良ければ、まとめて差し切るだけの可能性を秘めるマルカシェンク。 前走は京都コースで、5ハロンが62秒8の、ドスロー。終い1ハロンは10秒を 切るか切らないかの脚でしたが、あの位置では展開的に勝てるわけもなく、 調教使いといった感じのレースでした。休養前の京都2歳ステークスでは、 2歳馬としては厳しい57キロを背負って、55キロのドリームパスポートを 破っております。

◎アドマイヤムーン
○アドマイヤメイン
▲サクラメガワンダー
△マルカシェンク・フサイチジャンク・メイショウサムソン・ドリームパスポート