2006年【エプソムカップ】の予想見解

東京「エプソムカップ」 3歳上G3 芝1800M

安田記念の予想で記したのですが、今の東京コースは、外から差す馬に とっては、かなり不利です。内々を追走して直線で上手く抜け出すことが できればいいのですが、それも中団ならまだしも後方からでは前が詰まっ てしまいます。

安田記念で「針の穴ほどの隙間を縫うように伸びてくれた」と藤田騎手が 語ったアサクサデンエン(2着)は、例外中の例外です。人気を背負った 馬にはできない芸当ですね。

特に大外が伸びないというのは、芝丈も外が長いからという噂です。これ もある意味“馬場差”といえますね。JRAに文句を付けても仕方ないです。 他の競馬ファンよりも先に“トレンド”を見つけ出して儲けにつなげるこ とですね。

さて、人気ですが◎マチカネキララが内枠に入りました。内々を追走でき るメリットは大きいです。さらにスタートしてすぐに緩いコーナーに入る 東京の芝1800Mは内枠有利で、他頭数になれば大外枠がかなり不利なのです。

前走は久々を叩いての中1週、長距離輸送でマイナス14キロということは デキが本物でなかったと思っていいでしょう。上りだけの競馬でしたから 位置取りも後ろすぎ。状態を熟知している北村ジョッキーが無理をさせた くなかったのだと思います。なんといっても今回のエプソムが本番で、さ らに秋は天皇賞を狙ってる器ですから。

○グラスボンバーは、ちょうど昨年の今頃1600万を勝って、七夕賞3着、 新潟記念2着。そして秋はオールカマー2着、そして福島記念を見事制覇し ました。ペース次第では早めに先団に取り付く戦法も可能。久々の前走が 意外な敗退でしたが、ひと叩きされたことで昨年と同じ上昇カーブを期待 します。

▲はデアリングハート。昨年は超ハイレベルの牝馬戦線でしたが桜花賞で 3着、牡馬相手のNHKマイルが2着。特に桜花賞は33.8-46.1-58.0というハイ ペースを好位で追走してのもの。好枠を引きましたので、前に壁を作って 内々を追走すれば上位入線の能力は十分あります。前走はスランプからの 脱出を予感させる内容、さらに上昇可能です。

◎マチカネキララ
○グラスボンバー
▲デアリングハート
△カナハラドラゴン・コンラッド・クラフトワーク