2006年【函館スプリントステークス】の予想見解

函館「函館スプリントステークス」 3歳上G3 芝1200M

同一重賞の3連覇というのは、よほど実力が抜けていないとできない芸当 です。ですから、その点における統計的な予測からは、3連覇の確率は限 りなくゼロに近い…。

と、考えるのも予想法のひとつですが、私は1つ1つの番組(レース)を 個別に検討するタイプ。偉そうに言えば、これが予想の王道と考えます。

というわけで、ここは2年連続のディフェンディングチャンピオンである ◎シーイズトウショウが中心になります。

滞在であること(つまり水が合うかどうか)と、時計のかかる特異な芝 コース。単に1200Mの重賞実績というよりは、この函館の場合、馬場適性 を重視します。そうすれば、当然のこと、この馬の信頼度が一気に飛び 跳ねるというわけです。

前走はハンデ57キロでCBC賞を勝ちましたが、久々で万全のデキではな かったことから、今回は上積みも期待できます。

○プリサイスマシーンは、今年、高松宮記念で4着、7歳になりベストが 芝1200Mということもハッキリしました。さらに順調に使えている今季は 過去にないパフォーマンスも期待できます。

少しずつ着実に力を付けている▲タニノマティーニ。久々の前走は中京 のオープン特別で2着。函館の水が合う馬です。

人気のシンボリグランは高松宮記念で終いに賭ける競馬で0秒4差。262Mし かない函館の直線で、この戦法はキビしいですね。前で流れに乗りたいと いう話もありますが、中団よりも前では持ち味が発揮できません。

◎シーイズトウショウ
○プリサイスマシーン
▲タニノマティーニ
△フサイチホクトセイ・ブルーショットガン・トールハンマー