2006年【阪神カップ】の予想見解

阪神「阪神カップ」3歳上G2 芝1400M

取って付けたようなレース名ですね。名前はともかくダートの常連馬も 含めて41頭も登録がありました。年内に帳尻を合わせたい厩舎が、無理 使いのオンパレード。これが師走競馬ってもんではありますが…。

◎はアサクサデンエン。秋緒戦の毎日王冠では1番人気を裏切って13着。 しかし前走の天王賞(秋)の7着は、適距離でもなく、それほど悪い内容 ではありません。さらに「トモに疲れがあったのかも」と河野師がコメン トしているように、本来の力を出せていなかったようです。

G1安田記念は昨年1着〜今年2着。東京がベストなのは確かでしょうが 阪神ではマイラーズカップ3着もあり、格が違う!ということを前面に出 してもいいのではないでしょうか。前走とは違い、状態も上向きで、距離 も短縮。内回りの短い直線でも、一気に差し切る豪脚に期待します。

○シンボリグランは、ここにきて明らかに力を付けてきました。坂路を 終い11秒台で上がってきた記録もありますので、京都よりは阪神の方が いいかもしれません。

2月の阪急杯で、不良馬場ではありましたが2着と健闘した▲コスモシン ドラー。前走で1600万を勝ち上がったばかりですが、着差以上に余裕 が感じられました。上昇度もあり阪神に替われば、このメンバーでもソコ ソコやれるのではないでしょうか。

◎アサクサデンエン
○シンボリグラン
▲コスモシンドラー
△オレハマッテルゼ・コートマスターピース・マイネルスケルツィ