2006年【菊花賞】の予想見解

京都「菊花賞」 3歳G1 芝3000M

明らかに余裕残しの仕上がりで神戸新聞杯に挑んだ◎アドマイヤメインには リフレッシュ効果を期待しましたが7着。直線で多少不利はありましたが 敗因といえるほどのものではありませんでした。

外からジワーッとハナに立つかと思いきや、控える競馬を試みたことも、逃 げて無理なレースをさせなかったことも、すべては本番のためだったのだと 思います。逃げていればもっと馬は頑張ってくれたはずですが、反動を残す ことになっていたでしょう。

再度引用しますが、アドマイヤメインについては、ダービーの予想で「5ハ ロン通過が60秒0と 阪神コースでは厳しいペースの毎日杯を逃げ切った心肺 能力は相当なもの」 さらに「青葉賞でも決して楽ではないペース、そして 4角では後続に詰め寄られましたが、直線では突き放して圧勝。」と上位に 評価。しかし強い競馬を続けたための消耗が、ダービーに影響していたので はないか、今となっては思われます。

明らかにデキ上向きの今回、内目の枠でもあり、迷わず逃げ主張でしょう。 淀の3000Mにおいて、武豊ほど頼りになる鞍上はいません。神戸新聞杯で早 めに追い出して失敗したメイショウサムソンの石橋が早めに潰しにかかって くることは想像しにくいので、今回は好勝負に持ち込めるのではないでしょ うか。

○はメイショウサムソン。久々に外目の枠に入りましたので折り合いの点で 少しばかりですが心配です。アドマイヤを見ながらレースはしやすいでしょ うが、3冠がかかっていることもあり、石橋騎手のプレッシャーが微妙に影 響しそうな3000M戦であることも挙げておきます。

▲にはマルカシェンクを。順調な調整ができなかったといわれる春当時。そ れでいてダービーでは 4着と好走しましたように素質は相当なものです。京 都2歳ステークスでは、ほぼ同じ位置で追走していたドリームパスポートに 最後は競り勝った馬。古馬一線級と差のない競馬をした前走の毎日王冠の疲 れが影響していなければ際どいレースが可能です。

△ドリームパスポートは前走、2冠馬を負かしましたが、骨折明けで急仕上 げであったことを考えると、褒められる反面、今回は反動が出てしまう可能 性がありますので、評価を下げました。

◎アドマイヤメイン
○メイショウサムソン
▲マルカシェンク
△ドリームパスポート・トーホウアラン・フサイチジャンク・ソングオブウインド