2006年【きさらぎ賞】の予想見解

京都 「きさらぎ賞」 3歳G3 芝1800M

◎はドリームパスポート。前走の京都2歳Sは勝ったマルカシェンクとほぼ 互角の伸び脚でしたが、僅かに及ばず2着。直線で前に壁ができて、抜け出 すときの加速で馬力を使ってしまった分の差でしょうか。

マルカシェンクは、その後朝日杯FSで2着と健闘するスーパーホーネット の追撃を、デイリー杯2歳Sで楽々と封じ込んだほどの馬。そのマルカシェ ンクと互角の伸び脚を見せたのだから実力は相当なもの。さらに安藤勝への 乗り替わりなら好勝負は必至です。

東京スポーツ杯2歳Sでは、勝ったフサイチリシャールとともに坂を駆け上 がってきたメイショウサムソンが○。ほぼ坂の部分にあたる 400M〜 200Mの 1ハロンをフサイチリシャールが11秒 0というラップでしたから、この馬も 相当な瞬発力を持っております。次走の中京2歳Sでレコード勝ちしたほど ですから、この馬で逆転の可能性もあります。

▲はアドマイヤメイン。阪神の500万特別エリカ賞で3着したとき、サクラ メガワンダーには決め手の差で敗れたものの、2着のタマモサポートととも に4着ネヴァブション(京成杯3着)以下を引き離しております。

また前走ホープフルSでは、直線で包まれて、抜け出したときは時すでに遅 し。ゴール前でよく差をつめましたが、脚を余しました。その後は休みなく 乗り込まれ、ここはなんとしても2着以内に入線し、賞金を加算したいとこ ろです。

◎ドリームパスポート
○メイショウサムソン
▲アドマイヤメイン
△アスタートリッピー・グロリアスウィーク・ファイングレイン

 ※出走馬が正式に確定する前(想定段階)の予想です。