2006年【小倉記念】の予想見解

小倉「小倉記念」 3歳上G3 芝2000M

芝とダートが全く別物であるように、函館とは全く別の馬場と考えたい 小倉の高速馬場。比較的ペースに左右されない1200M戦の時計で見てみる と、初日の1000万特別、西日本スポーツ杯の勝ち時計は、前年が良馬場 で(ツルマルオトメ)1分6秒8。今年(モンローブロンド)が稍重で1分 7秒3。稍重とはいえ開幕初日でこれでは時計がかかっているようにも思 えますが、本年3日目の1000万特別は良馬場でマルカジークが1分7秒0なら 例年通りの高速馬場といって問題ありません。

高速馬場ということで注目したい◎コンゴウリキシオー。例年と比較す ればコンディションを維持していた福島開催でしたが、さすがに最終日 に行なわれた七夕賞では荒れた馬場に脚をとられた分、メイショウカイ ドウの末脚に屈しました。しかし、前々走の金鯱賞でみせたスピードこ そが本馬の力量。小倉に替わってメイショウとの斤量差が増える今回は 逆転可能です。

小倉といえば○メイショウカイドウですが、福島の七夕賞が59キロでの 圧勝。500グラムの斤量増くらいなら、得意のコースに替わるメリットの 方が大きいと考えられます。ただ、休み明けで59キロを背負って勝った となると、人気でもあり反動を気にしたくなります。

芝、ダートともにG1で好走歴のある▲サイレントディールが、復調して きました。話は古くなりますが、2年前のフェブラリーSで内から猛追し たレースぶりを思い出すと、けっこう小回りは得意なタイプかもしれま せん。

◎コンゴウリキシオー
○メイショウカイドウ
▲サイレントディール
△サザンツイスター・ヴィータローザ・サンレイジャスパー・スウィフトカレント