2006年【神戸新聞杯】の予想見解

中京「神戸新聞杯」 3歳G2 芝2000M

ダービーで見せ場のなかったアドマイヤムーンが札幌記念を勝って、秋の 天皇賞に挑戦することになりましたが、その鞍上、武豊がアドマイヤメイ ンとともに菊花賞を目指すことになりました。

アドマイヤメインについては、ダービーの予想で「5ハロン通過が60秒0と 阪神コースでは厳しいペースの毎日杯を逃げ切った心 肺能力は相当なもの」 さらに「青葉賞でも決して楽ではないペース、そして 4角では後続に詰め 寄られましたが、直線では突き放して圧勝。」と上位に評価しました。

今回は先行有利な中京コースでもあり、この◎アドマイヤメインから狙いま すが、春の疲れがなかなか取れず、牧場で緩めていた期間が延びてしまい、 乗り出しが予定よりも遅れてしまったことは確か。仕上がりの点では明らか に余裕残しといえますが、逆にリフレッシュ効果に期待したいと思います。

○はメイショウサムソン。放牧に出さず栗東で夏を越したそうですが、リフ レッシュと成長を促すという点ではどうなんでしょうか。ただ、仕上がりと いう点では有利でしょう。外枠から脚を使ってハナに立つアドマイヤを見な がらインで脚を溜めることができるし、相手は仕上がり途上。2冠馬として の実績は書くまでもないでしょうが、このメイショウサムソンの差し切りも 考えておきたいところです。

▲はフサイチリシャール。スプリングSでメイショウサムソンとはクビ差。 中京なら先行して押し切れるだけの能力があります。NHKマイルCから ダービーと使った厳しいローテーションが成績に直結してしまいましたが、 追い切りの動きが目立ち(松国さん特製、栄養タップリのカイバのおかげで しょうか)、この夏の急上昇が感じられます。

△ドリームパスポートは追い切りでいい動きを見せておりますが、骨折明け で、急仕上げといえなくもありません。仮にここで好走したとしても、本番 で反動が出てしまう可能性があります。

◎アドマイヤメイン
○メイショウサムソン
▲フサイチリシャール
△ドリームパスポート・アペリティフ・タマモサポート