2006年【共同通信杯】の予想見解

東京 「共同通信杯」 3歳G3 芝1800M

G3東スポ杯を勝って、G1朝日杯FSも制覇。この2歳チャンピオンのフサイチリ シャールをどう捉えるかが、この予想のポイントとなりそうです。

東スポ杯は楽々と、しかも引っ張りきりで逃げ、終いも引き離す強い競馬で したが、G1の朝日杯FSは、さらに行きたがり、さらに引っ張りきり。なんと か2番手で控え、4角で抜け出しました。ゴール前はスーパーホーネットに追 い詰められましたが、なんとか押し切りました。

さてさて、賞金は十分持ってますので、皐月もダービーもトライアル抜きで エントリー可能。疲労が残って後々影響が出てもこまるので、ここでは目一 杯に仕上げて、何が何でも無理に勝つ必要はありません。馬主の経済的な理 由で何が何でも勝ちたいということも場合によってはあるのですが、あの関 口さんですから1000%ありえません。

松田国師も「目一杯仕上げるのではなく、軽くはないけれど余裕を持たせた 仕上げでの出走。」とコメントしてますので、ジョッキーもガムシャラに 追ったりはしないでしょう。

そして考えられるのは、あの行きたがる性質を矯正するために、馬群に入れ て中団あたりからの競馬にチャレンジするかも、ということ。成功すれば儲 けものですが、力を出し切れずに終わる可能性もありです。ということで印 は▲まで。

そこで、◎に狙いたいのはマッチレスバローです。前走のひいらぎ賞は、後 方から外々を回る大味な競馬でしたが、ラスト1ハロンは11秒を切るか切らな いかの、怒涛の追い込み。賞金を加算して一息入れたいだけに、ここは勝負 でしょう。

賞金は十分あるけれど、実際のところ一番強いと思っているのは、アドマイ ヤムーンです。ラジオたんぱ杯2歳Sでは、勝ったサクラメガワンダーととも に、ゴール前で3着以下をグーンと一気に突き放しました。こちらも目一杯の 仕上げではないでしょうが、余裕残しでも勝ってしまうだけの力の持ち主で すから、逆転候補としての○です。

◎マッチレスバロー
○アドマイヤムーン
▲フサイチリシャール
△ショウナンタキオン

 ※出走馬が正式に確定する前(想定段階)の予想です。