2006年【マーメイドステークス】の予想見解

京都「マーメイドステークス」 3歳上G3 芝2000M

開幕週なので馬場自体は悪くないのですが、天気がハッキリしない分、 少なくとも道悪が苦手な馬を軸にしないようにします。

◎はライラプス。ちょっと間はあきましたが、せっかく立ち直ったので 使い込むよりはいいでしょう。前走、福島牝馬Sは、惜しくもアタマ差 の2着。馬場の悪い内を突いたところが、鮫島良騎手の好判断でしたが、 今回、岩田騎手に乗り替わるのは、大きなプラスです。

ヴィクトリアマイルで、勝ったダンスインザムードを推奨したときにも 書きましたが、スランプを脱した馬というのは、ひとまわり強くなって いるような気がします。

このコースで行なわれた秋華賞では5着。このG3なりのメンバー構成なら 勝ち負けできるだけの実績があるといってよいでしょう。先行力がるので 開幕馬場向きといえますが、雨で悪化すればさらに有利。なんといっても 重馬場のクイーンカップを勝っておりますので。

○は、ヤマニンシュクル。本来ならこの馬が最有力なのですが、稍重の ヴィクトリアマイルで期待以下であったこと。そして57キロというハンデ は牡馬ならば59キロに相当。ちょっとキツイような気がします。

▲はプリンセスグレース。休養前は、稍重の京都で1000万を勝ちましたが ハイレベルのメンバー相手に2000Mを1分59秒6で圧勝。さらに出世の見込め る良血馬でもあります。前走、福島牝馬Sでは、外を回って0秒3差の6着。 今回は叩き3走目で51キロ。いよいよ本格化という可能性はあります。

△の筆頭はフィヨルドクルーズです。福島牝馬Sでは、小回りコースの大 外を回って時計差なしの3着まで追い込んで来ました。馬場のいいところを 通ったと解釈もできますが、それ以上に距離のロスは大きかったはず。実 績から稍重までならガマンできます。

◎ライラプス
○ヤマニンシュクル
▲プリンセスグレース
△フィヨルドクルーズ・サンレイジャスパー・マイネサマンサ・レクレドール