2006年【マイルチャンピオンシップ】の予想見解

京都「マイルチャンピオンシップ」 3歳上G1 芝1600M

これまで勝ち鞍のなかった東京コースで、毎日王冠、天皇賞(秋)と連勝 したダイワメジャー。毎日王冠のゴール前では、ダンスインザムードに対 し着差以上の力差を見せつけましたが、素直に評価できず天皇賞(秋)で は印を下げてしまいました。

やはり最後の坂上では後方から差してくる馬に切れ負けしてしまうイメー ジがあったからです。実は今回も、その“切れ負けイメージ”が完全に拭 われたわけではありません。

ステキシンスケがハナを主張すれば、隊列はすぐに整うでしょう。となれ ばハイペースは考えにくく、追い込みは届かないまでも、末脚の切れる馬 を狙いたくなります。上昇中の3歳馬、キンシャサノキセキとマルカシェ ンクに魅力を感じております。

多少迷いますが、◎は1600万条件とはいえ前走の勝ちっぷりが圧巻だった キンシャサノキセキにしました。1400M戦ではありましたが、1分19秒4は レコードに0秒1差。楽勝の時計でこれですから、しっかり追えば従来のレ コードは短縮できたはずです。

11秒2-11秒1-11秒3という速い上りを楽々と差し切ったのですが、仮にあ と1ハロンを12秒0で走り抜いたとすれば、1600Mを1分31秒4で走れるとい う計算になります。

机上の計算通りにはいかないことは百も承知ですが、あの時計を楽々と記 録した能力の高さがいかに凄いものであるかということがお分かりいただ けると思います。

○マルカシェンクは、京都2歳ステークスでは、ほぼ同じ位置で追走してい たドリームパスポートを競り負かした馬。古馬一線級と差のない競馬をし た前々走の毎日王冠から中1週の菊花賞は距離適正の問題だけでなく、疲れ もあったはずで参考外。骨折明けでデキが万全ではなかった毎日王冠を上 回る結果を期待します。

前走の天皇賞(秋)は、瞬発力争いとなれば、もっと上位も可能であった はずの▲ダンスインザムード。ベストはマイル戦だと思います。休養明け 3戦目で適距離、鞍上が武豊に替わるとなれば、ここにピークと持ってきた いう感じでしょう。

◎キンシャサノキセキ
○マルカシェンク
▲ダンスインザムード
△ダイワメジャー・ステキシンスケクン・ハットトリック・コートマスターピース