2006年【根岸ステークス】の予想見解

東京「根岸ステークス」 4歳上G3 ダート1400M

ジャパンカップダートをレコードで勝ったカネヒキリを負かした、ただ1頭 の馬、サンライズバッカス。その負かしたレース武蔵野Sは、カネヒキリが 大出遅れを地力で2着まで追い上げ、負けて強しという感じでもありました。 だから勝ったサンライズナッカスを過剰評価してガッツリと勝負するのは問 題でしょうが、ジャパンカップダートでも0秒2差の5着でしたから、ここに 入れば負けられない立場であることは確かです。

しかし逆転候補がいないわけではありません。マイティスプリングです。 500万、1000万と勝って、一気格上げのオープン特別ギャラクシーSも直線 で突き放す完勝。それもプラス16Kという馬体で終始外々を回ってのもので したから、重賞で勝ち負けできる能力はあります。デカ馬ですから馬体重に は注意したいところですが、この馬からの馬券も買いたいと思います。

メイショウボーラーは昨年のフェブラリーSを勝って以来、どうもピリッと しません。不良とはいえテンの3ハロンを34秒2で逃げての快勝でしたから その反動が尾をひいているのかもしれません。あの強さはもう再現できない ような気もします…。前走の地方交流重賞をどう評価するかですが、プラス 13Kの馬体重が示すとおり、調教使いでしょう。その分中間の動きも好調そ のものです。59Kでもあなどれません。

◎サンライズバッカス
○マイティスプリング
▲メイショウボーラー
△タイキエニグマ・ニホンピロサート・バランスオブゲーム・リミットレスビッド

 ※出走馬が正式に確定する前の予想です。