2006年【新潟2歳ステークス】の予想見解

新潟「新潟2歳ステークス」 2歳G3 芝1600M

1200Mの小倉2歳ステークスよりマイルのこちらを選んだ関西馬は、輸送 距離がどっちもどっちですから、距離適正だけでなく相手関係も考えて のエントリーかとは思います。一方、関東馬は夏も終わりの時期にはる か遠方の小倉まで輸送するハンデは大きく、選択肢はなかったとも言え ます。その点からも、やはりここは関西馬から入る方が確率論的には当 たりそうな気がしてしまいますね。

このような統計で馬券を当てるのも面白いところはありますが、個人的 なスタンスとしては、いつも書いているように「個別に判断」、つまり 競馬予想は1頭ずつ検討していくべきだと思ってます。念のため。

さて、確率論以前の当たり前の話なのですが、何頭出しても勝つ馬は 1頭だけ。マイネル軍団の6頭出しを逆手にとってみましょうか。どう 考えても、ここまでやったら、この6頭のどれかが勝たなければカッコ つかないです。

たぶんカッコをつけてくれそうなのが軍団でただ1頭の関西馬、◎マイ ネルレーニアです。前走のダリア賞は、スピードの違いでハナに立って しまった感じですが、折り合いの付いた逃げでしたので、マイルも対応 可能。

芝1400の稍重で1分22秒1は優秀。翌日、良馬場で1000万特別の勝ち時計 が1分21秒5でしたが、これと遜色なしといえます。

○は完成度の低さと素質の高さで勝ち上がったトーセンラピュタ。着差 は少なくても遊びながらといった楽な勝ち方でした。良血の関西馬で、 「デビュー時とは中身が違う」というだけに逆転の可能性もあります。

▲はニシノコンドコソ。青葉賞2着のニシノドコマデモの下で、マイル は若干短いような前走の勝ちっぷり。テンが遅かったので終い切れたの は当然としても新馬で33秒台の上りは大したもの。内が荒れきった最終 日の馬場なら、先週同様に外からの追い込みが決まるパターンも想定し ておくべきでしょう。

◎マイネルレーニア
○トーセンラピュタ
▲ニシノコンドコソ
△クラウンザプリンセス・マイネバイレ・シャルマンレーヌ・ゴールドアグリ