2006年【新潟記念】の予想見解

新潟「新潟記念」 3歳上G3 芝2000M

あくまでも2000Mの新潟記念を目標にしているといわれていましたが 関屋記念であえて本命に推したヤマニンアラバスタは14着。ひいき目に 見れば、出遅れて位置取りが悪く流れもゆったりであったため、次走 (つまり今回)を考えて、鞍上が無理な競馬をさせなかった…。という 解釈もできます。

前半は後方をトコトコと追走し、直線だけの競馬。これなら反動は出ませ ん。大外17番枠でもあったし、出遅れた時点で、もう勝つ気はなかったの でしょう。夏に強い芦毛、そして牝馬。再度、◎として狙ってみます。

サマー2000シリーズでトップと3ポイント差のスウィフトカレントが ○。ここを勝てはボーナス5000万円ゲットとなります。やたら長い外 回りの直線よりさらに長い向正のバックストレッチ。ならば大外枠も気に ならず、まして使い込まれてきた馬場で、外差しが決まりやすい。と条件 は揃ってます。

しかし、前走の小倉記念がレコード勝ち。休み明けをレコードで走ったら、 次走は消し。という言い伝え(?)を半分だけ信じて、あえて軸にせず。

▲は「秋には大きなところを狙える馬」と陣営が強気のトップガンジョー です。重馬場のエプソムカップは不利な外枠から脚を使い好位に付けまし たが、断然人気のマチカネキララとの叩き合いでラストは突き放しました。 この内容を見ると、中団より前に付けられるのは強さの証しとも感じられ ます。久々も、引っ張りきりの追い切りからは絶好調といえるデキです。

前回より500グラムだけ重くなるヴィータローザは、近走の結果だけ見て いると、この58キロが微妙に重いように感じられます。小倉記念は、34秒7 - 59秒0 と数字的にはそれほど速くはありませんでしたが、前崩れのレー スであったことは事実。前走の2着も後方に位置した分の展開利と見れば 過大評価は禁物かもしれませんので△まで。

◎ヤマニンアラバスタ
○スウィフトカレント
▲トップガンジョー
△ヴィータローザ・ソーユアフロスト・ニシノナースコール