2006年【オークス】の予想見解

東京「オークス」 3歳G1 芝2400M

桜花賞のゴール前を見る限りでは、勝ったキストゥヘヴンの脚勢が明らかに 勝っており、2着アドマイヤキッスとの差は追い出しのタイミング云々では ないと思います。

この2頭とともに内から追い上げたコイウタもそうですが、差し・追い込み 馬に有利な展開であったと感じております。アンカツ(安藤勝)が言ってい たように、どの馬にも(ある程度限られますが)チャンスがあったレース だったのかもしれません。昨年、一昨年に比べ、ハイレベルでもありません でした。

というわけで、桜花賞で上位の馬が、そのままオークスでもほぼ同様の結果 を出している最近の傾向を無視して、◎は別路線の馬、カワカミプリンセス です。

1400Mの君子欄賞は、スタートして出脚もひと息で道中は後方で抑える形。 4角でかなり大外を回って、届きそうもないところから差し切りました。そ こで終い使った脚が、当方の推定ですが11秒0を切るか切らないかというス ゴさ。しかも阪神の急坂で、ユッタリとしたストライドでした。

そして前走のスイートピーSは、前半掛かり気味で鞍上がなだめるのに苦労 しておりましたが、出遅れて他の馬に接触したことが原因とか。今週の追い 切りでは折り合いがスムーズでしたから、気にしないでおきましょうか。

距離が伸びてどうか?が問題ですが、たぶん、距離適正があまり問われない スローで上りの競馬になるのでしょう。長い直線で瞬発力を持続させる能力 を逆に問いたいと思います。東京コースのスイートピーSであれだけ掛かっ て、しかも大外を回ってのあの勝ちっぷり。再現できれば互角以上です。

○は、キストゥヘヴン。冒頭で書いたように、桜花賞で一番強い競馬をし たのはこの馬です。小柄な馬ですから今回は美浦から関西への輸送がない のは好材料ですが、大外枠はレースがしにくいですね。ある程度外を回る 覚悟でしょうが、今の東京は内を回る馬が有利です。

▲はアドマイヤキッス。桜花賞の前、「動きがケタ違い」「普通に回って くれば」などとコメントし、内心ではたぶん勝てると思っていたに違いな い松田博師。最近のコメントでは、やはりその前のチューリップ賞が急仕 上げであったこと、そしてその反動が出たとのこと。

確かに桜花賞ではマイナス14キロ。こういうことがあるから、追い切りで 元気の良すぎる馬は、かえって気になるのです。今回も直前で一杯に追っ てますが、輸送もあるのに大丈夫でしょうか?

あと、今回注目しているのは、フサイチパンドラです。調教で折り合って いました。鞍上は福永に替わり、最内枠。前に壁を作っておとなしく追走 できれば、大駆けがあるかもしれません。

◎カワカミプリンセス
○キストゥヘヴン
▲アドマイヤキッス
△フサイチパンドラ・ニシノフジムスメ・コイウタ・ブルーメンブラット