2006年【桜花賞】の予想見解

阪神「桜花賞」 3歳G1 芝1600M

日米のオークスを制したシーザリオが引退することになりました。昨年の 牝馬クラシック戦線が大変レベル高であっただけに、今年の牝馬はちょっ とネ、などと囁かれてはおりますが、けっしてレベルが低いわけではなく 昨年がちょっとスゴすぎただけなのです。

札幌の未勝利をほぼ持ったままで楽勝したことからも能力の高さは伺えま したが、休み明けでいきなり挑んだ重賞チューリップ賞では本番を見据え た余裕の仕上げでプラス18キロ。◎アドマイヤキッスは桜花賞出走を賭け たラストチャンスでもありましたが、さすがはクラシックで“冠”を期待 される馬を何頭も管理する松田博師。何が何でもというあせりは感じられ ませんでした。

後方からじっくりと追走し、3〜4コーナーで一番外を回って先団に進出し た際に相当脚を使って、ぎりぎりで交わしたゴール前ではありましたが、 最内を回った2着馬とは通ったコースも見た感じも着差以上の強さ。叩い ての上積みもかなり期待できるはずです。

○はフサイチパンドラです。中山もマイルで500万勝ち。同じく中山のフ ラワーカップが1800Mで2着。阪神と同様、直線に急坂がある中山コースで しかも先行して粘った内容が秀逸です。特にフラワーカップは1000M通過 が59秒3とハイペース。ペースが落ち着いてもいい1000M通過の直前の1ハ ロンが11秒8だから、いわゆる淀みのない流れではありましたが、逃げた ビューティーパールにピッタリと2番手追走での連対確保は、ハイペース が予想され1ハロン短縮の桜花賞でアドバンテージを発揮できる内容です。

▲はいかにも演歌歌手の持ち馬らしいコイウタ。ちなみに馬主は八代亜紀 さんではなくて前川清さんです…。前走のクイーンカップも強かったです が、2走前の中山で稍重のマイルを好時計で勝ったこと、京王杯2歳ステー クス(G2) で牡馬相手に僅差3着の底力を特に評価します。

そのフラワーカップでフサイチを差し切った△キストゥヘヴンは、一見強 い勝ち方をしましたが、前述のとおり差し馬有利の展開であった分は差し 引かなければなりません。

◎アドマイヤキッス
○フサイチパンドラ
▲コイウタ
△キストゥヘヴン・ウインシンシア・テイエムプリキュア・ダイワパッション