2006年【クイーンステークス】の予想見解

札幌「クイーンステークス」 3歳上G3 芝1800M

もしかしたら、ここで1番強い馬かもしれないと思っているのが◎デアリ ングハート。超ハイレベルの桜花賞で3着、牡馬相手のNHKマイルCが 2着。昨秋はその反動があって本来の力を発揮できなかったような気がし ておりますが、ここにきて徐々に復調。この2走は馬場が良ければ、違っ た結果になっていたかもしれません。開幕で馬場の良い今回は好レースを 期待しますが、今回は真価を問われる一戦でもあります。

前走のマーメイドステークスは、56キロのハンデながら0秒1差で4着と 健闘した○マイネサマンサ。上位3頭が49キロ、51キロ、51キロと、ハン デ差がモロ結果に表れたレースでした。2走前のヴィクトリアマイルは 休養明けながら大幅な馬体減のため凡走しましたが、前走、上位3頭と 5〜7キロのハンデ差を考慮すれば、この馬も完全復調と見てかまわない でしょう。

洋芝の札幌競馬場での実績がないのは気になるところですが、野芝に毛足 の長い洋芝をオーバーシードしている阪神で好走、しかも阪神牝馬Sでは 女王アドマイヤグルーヴに詰め寄っての2着、2000MのマーメイドS では5ハロン60秒5(阪神では差し馬有利のラップ)を2番手先行で2着 に粘った実績もあります。なによりも小回りで開幕の絶好馬場となれば、 展開的にも有利。

▲にはチアフルスマイル。昨年このレースで3着、しかも直線で前が壁に なる不利があってのものでした。前走、前々走ともに馬場悪化に泣かされ ましたが、未勝利、500万、1000万でこの札幌3勝とコース実績か らも急上昇は可能です。

57キロのトップハンデではありましたが、前走マーメイドSで8着と人気 を裏切ったヤマニンシュクルは△まで。

◎デアリングハート
○マイネサマンサ
▲チアフルスマイル
△ヤマニンシュクル・レクレドール・アズマサンダース・ブルーメンブラット