2006年【札幌記念】の予想見解

札幌「札幌記念」 3歳上G2 芝2000M

◎は、やっぱりアドマイヤムーンです。そうです、結果はともかく ダービーで自信を持って本命にした馬です。

今思えば、共同通信杯(G3)がピークの強さでしたね。 東京スポーツ杯2歳S (G3)・朝日杯FS(G1)と連覇していた フサイチリシャールを簡単に負かしました。

持ったままで坂を上がってきて、追ったのは残り200Mだけ。 これぞまさしく“着差以上の強さ”と記しました。 今回は“3歳特権”で54キロも有利、あの強さがリフレッシュで 復活していれば、ブッチギリです。

あと、函館と札幌はコース実績を重視したいと、以前書きましたが なんといっても札幌2歳ステークス(G3)を勝っている点は、心強い ばかりです。

皐月賞とダービーは状態よりも、位置取りが悪かったようにも 思えます。秋は、また狙いたいと思いますが、 そのためにもここは勝ってもらわねば。

○には先週のクイーンS3着から連闘のレクレドールを。 それまでの不調がウソのような復調ぶりから、札幌の地が思いっ切り 合っている馬。

昨年は、その後天皇賞(秋)を勝ったヘヴンリーロマンスを相手に クイーンSを制しておりますので、デキの良さを生かせれば、ここでも 差のない競馬は可能です。

重が空ッ下手な▲シルクフェイマスは、重の大阪杯で4着と好走して、 その反動が出てしまったのでしょうか?

その後は2ケタ着順が続きましたが、宝塚記念こそは道悪が敗因でした。 リフレッシュして、馬場さえ悪化しなければ、ここは展開的にも有利で 押し切っても不思議ないのではないでしょうか。

サマー2000シリーズのボーナスがかかったエリモハリアーは 函館記念を勝った後短期放牧に出され、ちょっと緩い可能性があるので △まで。

◎アドマイヤムーン
○レクレドール
▲シルクフェイマス
△エリモハリアー・マチカネキララ・ブルートルネード・セフティーエンペラ