2006年【シンザン記念】の予想見解

京都「シンザン記念」 3歳G3 芝1600M

総体的には馬体の大きい馬の方が強く、小柄な馬は特に馬群に囲まれたりす ると不利を受けやすいと、当然のように語られます。しかしこれは一般論で あって、ディープインパクトのように小柄でも強い馬は強く、根性さえあれ ばデカ馬に囲まれてもヒルんだりしないのです。

◎イースターは小柄ですが、能力が高く、根性もあります。前走のさざんか Sでは、残り200mで約2馬身先を行くロジックをゴール前でぎりぎり捉えまし た。2走前の京王杯2歳Sは直線で一旦前が壁になり進路を変えた分届かずの 2着でしたが、脚色では勝っており、重賞勝ち馬と同等の評価ができます。

マイルに替わるのも、京都の外回りも、そして少頭数も好都合。豪快な差し 脚で決めてくれるはずです。

相手の筆頭は○ロジック。◎には決め手で劣りますが、京都に替わって先行 力を活かせば、好勝負も可能です。

▲グロリアスウィークは、2走前の500万戦で快勝。スローで先手を取っただ けに展開利を差し引くべきでしょうが、終い11.0-11.6で押し切るあたりは 相当能力が高いと見るべきです。前走は内枠でもあり気性難が災いしたので しょう。京都に替わって外目をスンナリ行ければ逆転も考えられます。

◎イースター
○ロジック
▲グロリアスウィーク
△ディープエアー・コンゴウキリシマ