2006年【スプリングステークス】の予想見解

中山「スプリングステークス」 3歳G2 芝1800M

皐月賞に出走するためには、十分な収得賞金があるか、トライアルで権利を 得るしか方法はありません。ハッキリした数字はまだ確定していませんが、 ここに出走する800万の馬はもちろん、オープン勝ちや重賞で2着のあるニシ ノアンサーやトウショウシロッコなど1200万の馬でも、今回、3着までに入 らないと皐月賞へのチケットはゲットできません。

さて、問題はここへは出なくても直行便のチケットを持っているフサイチリ シャールの登場です。ハッキリ言って出走権狙いの馬たちにとっては邪魔な 存在です。しかし調教程度と分かっていても、馬券を買う私たちはその“程 度”を見極めなければなりません。

前走の共同通信杯(2着)ではプラス12キロの馬体重でしたが、成長分を差 し引いても太め残りであったことを管理する松田国師は認めております。 「〜強い調教を課しても、成長しているからすぐ太めが残ってしまうし、か といって調教をし過ぎると連続的な疲労もたまる。 3回の追い切りより 1回 の実戦。」とあくまで皐月賞で勝つためのステップのようです。

本番までは中3週、反動が残るようなレースはしないはずですが、体は締まっ て、あきらかに状態は前走以上。余裕残しの前走で 2着でしたから、今回は ◎で仕方ないでしょう。

さて、相手○はタマモサポートです。 2走前の福寿草特別(6着)は出遅れ て進路が塞がれたこともありましたが、控える競馬を試みるかたちとなり、 持ち味が生かされませんでした。また厳しい流れで逃げることとなってしま ったラジオたんぱ杯2歳Sの疲れが残っていたことも考えられます。

エリカ賞でサクラメガワンダー(ラジオたんぱ杯 2歳S)とともに伸びてきた ゴール前の伸び脚こそがこの馬の本来の実力。立て直した前走はきっちりと 巻き返しました。

▲はメイショウサムソン。東京スポーツ杯2歳Sでは勝ったフサイチリシャー ルもそうですが、ほぼ坂の部分にあたる 400M〜 200M の 1ハロンを11秒 0 前後のラップで駆け上がりましたから、相当な瞬発力を持っております。次 走の中京2歳Sでレコード勝ちしたのも納得です。

きさらぎ賞はドリームパスポートに差されて2着。別定で57キロを背負って いましたし、先行した馬にとって若干流れがキツかった気がしてます。賞金 は足りていますが、中間も順調でヤル気を感じます。一方勝ったドリームパ スポートはこの中間の稽古がちょっとユルいですね。もちろん賞金は十分あ るし、何が何でもという感じがしません。

◎フサイチリシャール
○タマモサポート
▲メイショウサムソン
△エフセイコー・ダイアモンドヘッド・ドリームパスポート・トーホウアラン