2006年【七夕賞】の予想見解

福島「七夕賞」 3歳上G3 芝2000M

エプソムカップの予想で対抗に推した時に触れましたが、◎グラスボンバー は、ちょうど昨年の今ごろ七夕賞3着から新潟記念2着。そして秋はオールカ マー2着、そして福島記念を制覇しました。

同じく福島の2000M。オーバーシードの芝コースは例年ほどの傷みではあり ませんが、やはり天気が微妙なだけに、馬場適性の面からも実力を発揮でき る舞台となりそうです。

久々をひと叩きされたことで前走エプソムカップは2着と好走しましたが、 “グラス”といえば福島がご当地。明け3戦目のこここそが目標のレースで あるはずです。福島記念を勝ったときと同様、早めのスパートも可能な自在 性は能力があるからこそ。57.5キロは仕方なし、好勝負に期待します。

○サザンツイスターは、小回りの2000Mが忙しすぎる感じもしますが、54キロ は魅力。重馬場の比叡Sではトウカイトリック(昨秋の福島記念2着)の1/2馬 身差。馬場が渋れば重上手でもありますが、馬場のいいところを走れる外枠 と、いろいろな意味でハンデに恵まれました。

▲コンゴウリキシオーは平坦小回り向きの行きたがる気性。一時伸び悩みま したが、小回りで行き切る戦法が定着して、今回も迷いなし。ダートも走る 馬で、渋った馬場というよりは荒れた芝でも対応可能なタイプです。

△メイショウカイドウは59キロでも走れないことはありませんが、スピード 勝負の小倉向き。ここで目一杯のレースは考えにくいですね。

◎グラスボンバー
○サザンツイスター
▲コンゴウリキシオー
△メイショウカイドウ・トウショウナイト・フジサイレンス