2007年【セントウルステークス】予想見解

阪神「セントウルステークス」3歳上G2 芝1200M

昨秋のマイルチャンピオンシップで本命に推奨した◎キンシャサノキセキ の潜在能力は相当なものです(結果5着でしたが)。

当時、1600万を勝ち上がったばかりでしたが、そのときの推奨理由は以下 のようなものでした。

---------------------------

1600万条件とはいえ前走の勝ちっぷりが圧巻だった〜1400M戦ではありまし たが、1分19秒4はレコードに0秒1差。楽勝の時計でこれですから、しっか り追えば従来のレ コードは短縮できたはずです。

11秒2-11秒1-11秒3という速い上りを楽々と差し切ったのですが、仮にあと 1ハロンを12秒0で走り抜いたとすれば、1600Mを1分31秒4で走れるという計 算になります。

机上の計算通りにはいかないことは百も承知ですが、あの時計を楽々と記 録した能力の高さがいかに凄いものであるかということがお分かりいただ けると思います。

---------------------------

1400メートルでも行きたくて行きたくてしようがない性分で、まだ結果は 出せておりませんが、気性的な成長が見込めれば、マイルのG1でも勝ち負 けできる能力の持ち主です。

1200メートルの経験はわずかですが、現時点では、一番能力を発揮しやす い距離といそうです。久々の一戦ですが、北海道から藤田騎手が駆けつけ ましたので、色気ありってことでしょう。

潜在能力とう点では、○カノヤザクラも負けていません。今週の坂路は 4ハロン52秒1から上り2ハロン24秒3と破格の伸び脚。これが馬ナリですか ら、いつバケけるかが楽しみな馬です。ひと叩きされて、今回は前走より だいぶ上向き。別定の53キロも有利だと思います。

ムラ馬と言ってしまっていいのかどうかわかりませんが、▲オレハマッテ ルゼは大舞台でもっと活躍できるはずの馬。高松宮記念(G1)は勝ってます が、近走を見ると、手が合っていなかったのでしょうか。久々に武豊が鞍 上に戻ったので、再度注目したいところです。

◎キンシャサノキセキ
○カノヤザクラ
▲オレハマッテルゼ
△ゴールデンキャスト・アイルラヴァゲイン・フサイチリシャール