2007年【エプソムカップ】予想見解

東京「エプソムカップ」3歳上G3 芝1800M

前走のヴィクトリアマイル(3着)で完全復活の◎デアリングハート。走破 時計も1分32秒6と安田記念の勝ち時計とは0秒3差。カワカミプリンセスや スイープトウショウの追い込みが届かなかった先行馬とイン有利な馬場で、 16番ゲートからの追走は不利であったはず。しかし、ほとんど勝ちに等し い内容は評価できます。

昨年このレースは4着でしたが、その後クイーンSと府中牝馬Sを連勝。前 走を見る限り昨年以上に力を付けている印象ですが、なんといっても、 2005年は超ハイレベルの桜花賞で3着、牡馬相手のNHKマイルカップが 2着と、元々潜在能力の高い馬。叩き3走目の今回はさらに期待がかかり ます。

休養前はニュージーランドトロフィー、NHKマイルを連続して2着と好走し た○ファイングレイン。どちらも前半の3ハロン34秒台のラップを踏んで 粘り切ったのですから、心肺能力は相当高いはず。ひと叩きされて急上昇 の今回は、先行して押し切る可能性もあります。

元々内枠有利のこのコースで、インから先行できる▲エイシンデピュティ ですが、前走はスローとはいえラストの1ハロンを11秒2でまとめたのです から後続は追いつけませんでした。条件戦でウロウロしていた馬ですが、 阪神の急坂で突き放した2走前から急い強くなった印象です。

△ピサノパテックは上昇度に期待したいところですが、速い時計の決着 となるとどうでしょうか。△ホッコーソレソレーは小雨の鳴尾記念で3着 した馬ですが、坂路を馬ナリで終い2ハロン24秒8と抜群の動きを見せたの で注目したいと思います。

◎デアリングハート
○ファイングレイン
▲エイシンデピュティ
△ピサノパテック・ホッコーソレソレー・サイレントプライド