2007年【フローラステークス】予想見解

東京「フローラステークス」3歳G2 芝2000M

ただ1頭、桜花賞に出走したイクスキューズに◎を。やはり例年の阪神と は違い、ハイペースにはなりませんでした。スローペースで持ち味が生か せなかったのは残念でしたが、何といってもレベルが高すぎましたね。

今年の3歳牝馬の有力どころは、ダンスインザムードやスイープトウショ ウの2004年、ラインクラフトやシーザリオ、ディアデラノビア、エアメサ イアの2005年に近いレベル。

着差はありましたが5着ならここでは大威張りできるのではないかと思い ます。しかも輸送して452キロ(+6キロ)でしたから、仕上がり切ってい なかった可能性もあります。だからこその中1週。いくら上りが速いとは いっても前半楽した分、反動が気になるようなレース内容ではありません でしたので、上積みの方を期待したいと思います。

前走、あざみ賞を楽勝した○ベッラレイアは、血統だけでなくレースっぷ りからも距離が伸びていいタイプ。最後方から満を持して悠然と追い込ん で勝ったわけですが、3着に敗れたザレマが次走の忘れな草賞(OP)で勝っ たくらいですから、500万特別とはいえ、かなりレベルの高いレースで力の 違いを見せ付けたといえます。

▲ミンティエアーはミモザ賞で3着。内を突いて伸びかかったのですが、前 が壁になってブレーキを掛ける不利。ベッラレイアとはそれほど力差を感 じませんが、若干行きたがる面を覗かせていたので印を下げました。

△ランペイアは牝限の未勝利を勝ったばかりで、時計も平凡ではありまし たが、ラスト1ハロンが持ったままで11秒4。思い切り追えば11秒を切る可 能性もあるだけに、能力は相当なものです。

◎イクスキューズ
○ベッラレイア
▲ミンティエアー
△ランペイア・ホクレレ