2007年【京成杯】予想見解

中山「京成杯」2歳G3 芝2000M

あまりパッとしないメンバーですが、化ける可能性のある馬もいます。 化けた時のために単勝を勝っておきたい馬は○と▲で推奨しますが、 ◎は連軸という意味でサンツェッペリンにしました。

前走のホープフルSでは、後方からの進出も3ハロン34秒8〜5ハロン58秒5と かなりのハイペース。直線でジワジワと先団を交わしたところに最後方か ら追い込んできたニュービギニングの強襲に遭いました。

今回はピサノデイラニが押し出されてミッドスローかスローの流れ。 しかしサンツェッペリンがロングスパートをかけて、直線中程で並びかける というパターンなら交わせると見ます。

ただしピサノの脚色が良く、サンツェッペリンの鞍上が早目に追い上げて、 4コーナー入り口くらいで並びかけると、やはり後方から強襲される可能性 がなくもありません。

○ピサノデイラニは、新馬戦が芝で6着。その後ダートで2勝しているので ダート馬?という疑問も湧きますが、素質馬ならではの調教使いと考えて いいでしょう。

なにせG1を4勝のシンボリクリスエスを兄に持つ超良血。大事に使って、 ここ目標という感じがします。東京のダート1600M戦で前半35秒台のラップ を踏みながらも失速しておりませんので、心肺能力が高いことはすでに 証明済みといえます。先手を取って運び方次第では好勝負可能です。

▲ダイレクトキャッチは新馬が東京のマイルで前半が63秒3と、超スローの 直線だけの戦いでしたから、上りが33秒4というのも評価しにくいところ。 ただ、坂を駆け上がる400M〜200Mまでの1ハロンでは、10秒を切るか切らな いかという瞬発力を見せております。

前走ホープフルSの敗戦だけを見ると、もしかしたら脚の使い方が難しい 馬かもしれませんが、ウッドで追い切った今週は、前走とは動きが一変して おり、前半がスローでも3コーナー過ぎから一気に速くなる展開なら、 チャンスはあります。

△メイショウレガーロは、名手デッドーリを配した前走ベゴニア賞の 勝ちっぷりが、それほど強さを感じさせるものではありませんでしたので 若干評価を下げたいと思います。

◎サンツェッペリン
○ピサノデイラニ
▲ダイレクトキャッチ
△メイショウレガーロ・ローズプレステージ・マイネルアナハイム