2007年【菊花賞】予想見解

京都「菊花賞」3歳G1 芝3000M

4戦全勝のロックドゥカンブをどう評価するかが馬券的には勝負の分かれ 目となりそうですね。

前走のセントライト記念は、坂上で抜け出したこの馬と2着のゴールデン ダリアの強さが目立ちましたが、3着以下の馬は条件戦クラスでしたから、 G1戦線で好勝負した馬と実績としては同等に評価できません。

ただ土付かずであり、たった4戦のキャリアですからさらに上昇する可能性 も考えて元取りのお押さえとします。

本命に推したいのは、前走の京都大賞典で古馬一線級の面々を相手に3着と 健闘したアルナスラインです。上位2頭との力差は感じましたが、勝った インティライミには上手く乗られた感じでしたし、2着ポップロックは前年 の有馬記念2着馬。

ジワジワと伸び3着まで押し上げた直線の脚は、3歳馬同士なら地力上位。 折り合いも付くので有力馬の中では最も距離3000メートルに適したタイプ です。前走が全く余裕残しの仕上げであったこともあり、上積みにも期待 したいと思います。

相手本線にはドリームジャーニー。前走の神戸新聞杯で久々の勝利。2400 メートルでもマイルの持ち味を発揮させることができる武豊が鞍上、とい うことで逆転の可能性もあるとメルマガで書きましたが、淀の3000メート ルで最も信頼できる鞍上の手腕とともに今回も上位争い可能と見ました。

大逆転があるとすればフサイチホウオーです。皐月賞で僅かハナ差届かな かった怒涛の追い込み。「負けて強し」とは、皐月賞で負けたこの馬のた めにある言葉です。潜在能力ではここでも1番だといまだに思っています。

ダービーで1番人気に支持された馬ですがここまで不発。松国&安勝コン ビですから、このままでは終わらないはずです。

◎アルナスライン
○ドリームジャーニー
▲フサイチホウオー
△ロックドゥカンブ・アサクサキングス・ヴィクトリー