2007年【きさらぎ賞】予想見解

京都「きさらぎ賞」3歳G3 芝1800M

オーシャンエイプスが人気でしょうか?新馬の勝ちっぷりがケタ違いで したが、相手がケタ違いに弱かったという見方もできます。

同じ“オーシャン”でも、その翌日に同じコースで未勝利を勝ったオー シャンクルーズとは時計的に0秒1しか差がありません。

持ったままとはいえ、時計も遅かったので過剰評価は禁物。ということ で、実績上位のナムラマースを◎に。

札幌2歳ステークスまで3連勝。前走のラジオNIKKEI杯は直線でモロに挟ま れて立て直す不利が大きかったのですが、久々という点も合わせれば評価 を落とす必要はありません。

○アドマイヤヘッドは、札幌2歳ステークスでナムラマースと0秒1差の2着。 当時は新馬を勝ったばかりでキャリアの差もあったはず。近走が振るいま せんが、京王杯2歳ステークスは発馬で後手を踏んだ不利が大きかったし、 前走の朝日杯FSは落ち着きを欠いておりました。

どうも長距離輸送で力を発揮できないタイプである可能性が考えられます。 輸送時間の短い京都に舞台を移す今回は巻き返すかもしれません。

逆転があるとすれば▲オーシャンエイプス。坂路で終い2ハロン24秒0とい うのは、美浦の坂路ならともかく、栗東ではめったに出ない時計。これを 馬ナリでマークするのだからモノが違うのは確か。ただ、楽な相手に新馬 を勝ったばかり。厳しいレースを経験しておりませんので、◎にはできま せん。

◎ナムラマース
○アドマイヤヘッド
▲オーシャンエイプス
△アサクサキングス・サムライタイガース・マルカラボンバ