2007年【神戸新聞杯】予想見解

阪神「神戸新聞杯」3歳G2 芝2400M

人気ですが、◎はフサイチホウオーです。共同通信杯まで重賞を3連勝。 着差はともかく、競走能力がズバ抜けていることは確か。

皐月賞では4コーナーで思い切って大外に持ち出しましたが、その時最内を 回った先行2頭はほぼコーナーを回り終えていました。直線はモウレツに追 い上げ、上位2頭にガブリと咬みつこうとしたところでゴール。

結果は3着でしたが、ゴール前の脚勢は上位2頭にはるかに勝り、距離ロスは それ以上に大きかった。まさに展開負け。

ダービーでは1番人気に支持されましたが、イレ込んで折り合いを欠いて 7着。向正面の前半くらいまでは、押さえつつも行きたがっていましたので 最後に末脚が炸裂しなかったのも納得。これも力負けではありません。

今回は、ジックリと我慢させるトレーニングが結果に結びつくかどうか。 本来の力を出し切れれば、チャンスは十分あります。

皐月賞の4コーナーでもっとも大きく外を回った○ドリームジャーニーは、 展開負けというよりは、それ以前に自身の競馬に徹したということ。

朝日杯フューチュリティSのダントツの強さを考えると、やはりマイルが 一番合うのかもしれませんが、今回は、2400メートルでもマイルの持ち味 を発揮させることができる武豊が鞍上。

先週がDウッドでジョッキーを乗せて終い11秒7。今週が比較的軽めの追い 切りという万全の態勢。鞍上強化とともに、馬体の成長も期待できるだけ に、逆転の可能性もあります。

あと、人気薄ですが期待しているのが、▲ヒラボクロイヤルと△タスカー タソルテです。

ヒラボクロイヤルは、毎日杯2着〜青葉賞1着という成績ながらダービーで 惨敗。展開的な部分もありましたが、使い詰めが目にみえない疲れとなっ て影響した可能性もあると見ておりますので、リフレッシュした今回は プラスアルファを見込みます。

タスカータソルテは、春は骨膜の影響があったということと、京都新聞杯 が仕上がりすぎていた感じでしたので、ダービーではその反動が出たよう にも思えます。これもリフレッシュした今回が試金石となりそうです。

皐月賞の反動と出遅れでダービーは人気を裏切ってしまったヴィクトリー と、馬インフルエンザによる移動禁止処置で帰厩が遅れたアサクサキング スは配当的妙味もないのでカット。

◎フサイチホウオー
○ドリームジャーニー
▲ヒラボクロイヤル
△タスカータソルテ