2007年【共同通信杯】予想見解

東京「共同通信杯」3歳G3 芝1800M

小柄な馬体で、後方から追い込む競馬。兄ディープインパクトにどこまで 近づけるのか?成長力に期待はしたいのですが、前走のホープフルSは、展 開に恵まれなければ結果は違ったものになっていた気もするので、ニュー ビギニングは▲まで。

◎はフライングアップルにしました。東京スポーツ杯2歳Sは負けて強しの 2着。スローで終い比べのレースとなりましたが、勝ったフサイチホウオー とは、勝負根性云々よりも位置取りの差が大きかったと思います。

ラスト3ハロンのレースラップは、11秒7 - 11秒3 - 11秒3。先を行っていた フサイチに対し、フライングアップルは4コーナーで5番手。坂を駆け上がる 400M〜200Mで、11秒を切る位(当方の推定)の瞬発力で差を詰めに掛かった 分、ゴール前の伸び脚に影響したのだと思われます。

当時と比べ、フサイチが2キロ増の57キロ、フライングは1キロ増の56キロと 斤量面でも若干有利ですから、逆転も可能です。

前走の朝日杯フューチュリティSは、東京スポーツ杯2歳Sの反動が出たので はないでしょうか。少し楽をさせたための太め残りであった可能性がありま す。ならば今回はキッチリと仕上げてくるはずで、好勝負を期待します。

○フサイチホウオーの前走、ラジオNIKKEI杯はぎりぎりで勝ったように映り ました。そして別定で一気に2キロの負担増。対抗にはしますが低配当でしょ うから、本線で太く買うようなことは控えたいですね。

◎フライングアップル
○フサイチホウオー
▲ニュービギニング