2007年【マイルチャンピオンシップ】予想見解

京都「マイルチャンピオンシップ」3歳上G1 芝1600M

天皇賞(秋)で2、3着のアグネスアークとカンパニーが有力。どちらも直 線では不利を受けましたが、思い切り挟まれながら最後までよく伸びてカ ンパニーを捕らえたアグネスアークの方が実力では上回ると思います。

しかし、中間の追い切り内容に不満を感じます。札幌記念〜毎日王冠〜 天皇賞(秋)と3連続で2着。前走あたりがピークで今回は調子を落として いる可能性があるので本命にはできません。

その点、カンパニーは今年の緒戦が8月の関屋記念で、これが1分31秒8で 圧勝。そして前走の天皇賞(秋)までは2ヶ月半以上も間をあけておりま す。そして今回は中2週ですが、こちらはグンと気配が上昇。ここに照準 を合わせたのでしょう。能力全開と見ます。

スワンS組は、天皇賞(秋)組と比較すると、やはり格の違いを感じてし まいますが、スワンSでほとんど最後方からの競馬でぎりぎり差し切った スーパーホーネットはこの秋、大きく力を付けた馬。マイルでテンの緩 いレースの方が向いておりますので、逆転の可能性もあります。

キングストレイルの前走スワンSは、インに押し込められ馬場の悪いとこ ろを通らされたということです。スプリンターズSで0秒2差4着という実績 もありますが、良馬場のマイルならば上位争いの可能性もあります。

◎カンパニー
○アグネスアーク
▲スーパーホーネット
△キングストレイル・ダイワメジャー・スズカフェニックス