2007年【NHKマイルカップ】予想見解

東京「NHKマイルカップ」3歳G1 芝1600M

トライアルのニュージーランドT組と皐月賞組、そして満を持しての休養 明け組と、やや難解なようにも思えますが、レベルの高い皐月賞で6着の ローレルゲレイロを◎に。

「全力で走っていない。レース後もケロッとしていたほど」と調教師が 話すほど潜在能力の高い馬。近走勝ち切れないのが気になりますが…。

朝日杯フューチュリティSでは、デイリー杯2歳Sで敗北を喫したオースミ ダイドウには競り勝ったのですが、後方から来たドリームジャーニーの強 襲に屈した形で、力負けとはいい難い。

シンザン記念は、1着がアドマイヤオーラ(皐月賞で1番人気・4着)、2着が ダイワスカーレット(桜花賞馬)ですから3着も仕方なしといえますが、そ の後さらに力を付けております。

アーリントンCは、トーセンキャプテンとのマッチレースに持ち込み、わ ずかに競り負けましたが、ゴール前で3着以下を一気に突き放した加速は、 まさにマイル向き。今回その勝ち馬はエントリーせず。

皐月賞は6着でしたが、前残りの展開で粘った勝ち馬からは0秒3差。マイル 向きの同馬にとって2000メートルは長すぎたかもしれません。マイルとな れば、アーリントンCで3着以下を突き放した脚が再度炸裂するはずです。

○はデイリー杯2歳Sで◎に勝っているオースミダイドウ。朝日杯FS(3着) の後に骨折が判明。素質では最上位かもしれませんが、休養明けという点 で若干割り引く必要がありそうです。

▲はトーホウレーサー。ニュージーランドT組で印を付けられるのはこの 馬くらい。毎日杯は0秒4差の5着も、阪神コースで前半3ハロン34秒8とい うラップを踏んでこの結果なら、相手が弱かったニュージーランドTを好 位から押し切った内容も当然といえます。

◎ローレルゲレイロ
○オースミダイドウ
▲トーホウレーサー
△アサクサキングス・シャドウストライプ・ダイレクトキャッチ