2007年【新潟2歳ステークス】予想見解

新潟「新潟2歳ステークス」2歳G3 芝1600M

こいつは強い!と思ったのですが、血統的には全く評価できません。血統 を見れば見るほど買えなくなってしまう馬ですが、あえて◎にエイシンパ ンサーを。

阪神の1200メートルで新馬を勝っただけなのですが、その勝ちっぷりが凄い のです。この距離にしては前半35秒2というスローペース。少し行きたがっ てましたが、なだめつつ後方からの追走。

4コーナーでは外目から追い上げて、直線では楽々と差し切りました。上り 時計が33秒9ということで評価されているようですが、この点については前 半が遅い分、割り引くべきでしょう。

しかしラスト1ハロンの瞬発力は驚異的です。これは阪神の急坂を駆け上が るわけですが、当方の推定でだいたい11秒1くらい。

ゴール前は持ったままなので11秒を切るくらいの力はあると思われます。た だ問題は距離が延びてどうかという点なのですが、内目の枠に入りましたの で、なんとか前に馬を置いてなだめてほしいと思います。

○はアドマイヤフォース。新馬戦は2番手で先行しましたが、ラストは後続 をグングン引き離しました。ただ1頭マイネルフェスタという馬が追い上げ てきましたが、二の脚で押さえ込んだあたり、着差以上の強さを感じまし た。

▲サマーエタニティは、2戦目で勝ち上がった馬ですが、距離1400メートル をソコソコ速いペースで逃げて好時計をマーク。楽勝のためラストは持っ たままでしたが、稍重で1分21秒8という走破時計は、前日の新馬戦(良) 1分23秒6よりも断然速く、古馬500万クラスでも上位に入線できるレベル。

スピードの違いで逃げる形となりましたが、何が何でもというタイプでは なく、マイルでも折り合えそうなので力は発揮できるでしょう。キャリア の浅い馬同士なので新潟を2度経験している分のアドバンテージはあるで しょう。

ラベンダー賞3着の△リーガルアミューズは距離が延びる分、前走以上も期 待できそうですが、函館からの長距離輸送は気になります。

◎エイシンパンサー
○アドマイヤフォース
▲サマーエタニティ
△リーガルアミューズ・タケショウオージ・タケミカヅチ