2007年【オークス】予想見解

東京「オークス」3歳G1 芝2400M

桜花賞1・2着馬が参戦せず、離された3着馬カタマチボタンはちょっと足り ない。どうしてもフローラステークスが一番の参考レースとなります。

直線で前が壁になりましたが、大外に出してからは抜群の伸びを見せた ◎ベッラレイアは距離が伸びてさらに良いタイプと見ました。直線入り口 からしばらくは前が壁になって脚止めを食わされた分、ラストの1ハロンは 11秒を切るか切らないかという爆発力。着差以上の力を感じました。

フローラステークスで2着の○ミンティエアーは、キャリア3戦という点で ベッラレイアよりは上がり目があるかもしれません。この距離でスローと なるとやはりガマンのきく馬が有利なのですが、多少行きたがる面がある 点は心配でした。しかしこの枠なら前に馬を置いてなんとかなだめられる でしょう。

結果的には、桜花賞が休養明けの良い叩き台となってG1・NHKマイルカップ を勝ってしまった▲ピンクカメオ。桜花賞(14着)は歩いていたようなも のだから疲れの蓄積は気にしませんが、NHKから中1週という点はやはりマ イナス。しかし、スローな流れで4コーナーからヨーイドンの競馬ならマイ ルで見せた切れ味が活きてくる。展開が嵌ったとはいえ男馬相手のG1で勝っ たのだから、当然ここで好勝負しても不思議ではありません。

武豊のザレマがソコソコの人気になりそうですが、忘れな草賞を勝った後 は少し楽をさせた可能性があります。追い切りで抜群の時計を出していま すが、この中間坂路で実質3本のみ。息切れしそうなので消します。

◎ベッラレイア
○ミンティエアー
▲ピンクカメオ
△ローブデコルテ・ラブカーナ・アマノチェリーラン