2007年【クイーンステークス】予想見解

札幌「クイーンステークス」3歳上G3 芝1800M

超ハイペースといえば、昨年のエリザベス女王杯です。3ハロンが34秒8、 5ハロンが57秒4ですから、先行して4、5着に粘ったアサヒライジングと アドマイヤキッスは負けて強し。潜在能力の高さを証明しております。

この2頭、どちからというと牡馬相手のG1で4着と安田記念を好走した ◎アドマイヤキッスでしょうか。安田記念より1キロ軽い55キロも有利 です。

○アサヒライジングは開幕馬場でインコースからすいすいと押し切るだけ の力の持ち主ですが、番手で控えて早めにスパートする戦法も可。

逆転があるとすれば、▲ディアチャンス。前走のマーメイドステークスは 軽ハンデとはいえ、強い勝ちっぷり。早めに抜け出して押し切った内容は このコース向きです。

古馬相手にしても52キロは有利な△イクスキューズ。札幌2歳ステークス 3着とコース実績もありますが、56キロで3着した前走のラジオNIKKEI賞は 成長を感じさせました。

◎アドマイヤキッス
○アサヒライジング
▲ディアチャンス
△イクスキューズ・フサイチパンドラ・デアリングハート