2007年【ローズステークス】予想見解

阪神「ローズステークス」3歳G2 芝1800M

牡馬相手の日本ダービーを圧勝しただけあって、桜花賞では1番人気に 推されていた強〜いウォッカに対し、当メルマガでは以下のような根拠で 3番人気のダイワスカーレットを本命にしました。

(また引用ですが…)

-----------------------------------------------------------

一方、チューリップ賞は逃げたダイスカーレットをウオッカが クビ差競り勝つ内容。しかし、ダイワスカーレットのラストは 11秒1-11秒0-11秒8で3着以下には 6馬身差。あくまでも勝った ウオッカが強すぎたといった内容でしたが、それ以上に道中の ラップは先に行ったダイワスカーレットにとってキツイ いも のでした。

阪神のマイルは、以前のコース形体ほど先行争いのキツいコー スではありませんが、長くなった直線と最後の急坂を考えれば 府中と同様のタフなコース。展開的にはウオッカの方が楽をし ていたはずで、能力的には互角または互角以上と考えており ます。

-----------------------------------------------------------

桜花賞では、3コーナーから早めに進出したダイワスカーレットの鞍上、 アンカツの好プレーも勝因のひとつ。ただ、そうでもしないと馬とケンカ することになっていたでしょう。

1ハロン延びる今回も、やはり折り合いだけが課題。秋華賞を睨むなら、 ここはガマンを覚えさせたいところですが、スローが予想されるメンバー であるとともに、先行有利の絶好の馬場コンディション。桜花賞と同じ ように早め進出でも◎ダイワスカーレットは動かしがたいところです。

○はザレマ。帰厩して馬なりが2本のみというパターンは本来なら消しが 妥当。(たぶん馬インフルによる移動禁止措置のせいでしょう) しかし今週の追い切りでは、馬ナリでヴィクトリー(皐月賞馬)を相手に しなかったのですから、帰厩前に相当やってきたのでしょう。

タフな新・阪神コースで、早め先頭から押し切った忘れな草賞が圧巻。 コースの相性も展開も有利ですが、オークスの結果を見直したいくらい 潜在能力の高い、この秋期待の1頭だと思います。

もう1頭強い馬がいますが、配当を考え、あえて1点で。

◎ダイワスカーレット
○ザレマ