2007年【関屋記念】予想見解

新潟「関屋記念」3歳上G3 芝1600M

直線はやたら長いのだけど、スローになりがちな新潟の外回り。前も止まら ないので、のんびりと構えているわけにもいかない。過去の記録を振り返っ てみても、先行・好位差しの連対が目立つように、このレース、追い込み馬 にとっては位置取りも仕掛けるタイミングも難しく、荒削りの戦法で勝てる ほど甘くはないのです。

そこで今回思い切って狙いたいのが◎ストーミーカフェです。一時は番手で 控えるような中途半端なレースをさせていたこともありましたが、ここ2戦 は本来の逃げるパターン。

2走前の福島テレビオープンは前半の3ハロンが34秒1、5ハロンが57 秒7という超ハイペースでしたから5着なら頑張った方。前走2000メー トルの七夕賞は距離が長すぎた印象ですが、徐々に復調が伺えます。

1600に距離短縮。さらに単騎でマイペースも可能ですから、今回あたり 共同通信杯で見せたあの二の脚が、復活するのではないでしょうか。

昨年勝った○カンファーベストは4コーナーで中団(7番手)から32秒9の 上り。その後ろにいた有力馬は届くわけがありません。しかし展開利だけで 勝ったのではないことは次走の京成杯オータムハンデを1分32秒0でハナ 差2着したことからも明らか。久々も問題ありません。

▲アポロノサトリは前走1600万を勝ったばかりですが、ゴール前はもう ひと伸びできそうなほどの楽勝。昇り馬の1頭として注目です。

押さえは、順調にきている△インセンティブガイと△ニシノナースコール。 実績上位の△カンパニーは、仕上がり上々で勝っても不思議ではありません が、ここでいきなり本気を出すでしょうか?同じく実績上位のシンボリグラ ンですが、若干追い不足と判断しました。

◎ストーミーカフェ
○カンファーベスト
▲アポロノサトリ
△インセンティブガイ・ニシノナースコール・カンパニー