2007年【秋華賞】予想見解

京都「秋華賞」3歳G1 芝2000M

普通に考えれば、ダービーで牡馬を蹴散らしたウオッカが最有力でしょう。 しかし蹄球炎で凱旋門賞を断念した経緯もあり、ノンステップで本番とい う部分は割引き材料です。

そして今年のダービーのレベルそのものも考えてみるべきです。1番人気 になったフサイチホウオーは実力どおりに勝つことのできないムラ馬。2 番人気ヴィクトリーは展開に助けられて皐月賞を勝った馬。

3番人気のウオッカが勝てたのは、牡馬のレベルが低かったから。逆に牝 馬はここ4〜5年、強い馬が続出。ダービーに勝っただけで当然のごとく 女王様になれるとは限らないのです。

桜花賞でウオッカを負かしたダイワスカーレットに再度期待します。桜花 賞のときのウオッカは本来のデキにはなかったという説もありますが、ど う見ても力で押し切られております。

問題は距離が2000メートルに伸びる点です。ダイワスカーレットは、 以前みたいにアゴを上げるほど掛からなくなりましたが、相変わらず前に 行きたがるタイプ。どれだけリラックスできるかなのでしょうが、京都に は阪神のような急坂がないので、前で競馬するこの馬にはかえって有利か もしれません。

相手本線は、プラス18キロのローズステークスで末脚が目立ったベッラ レイア。差し切れず2着でしたが、ゴール前の急坂で一瞬グイッと伸びか かりましたね。前走のテン乗りでクセとパフォーマンスを掴んだはずの武 豊騎手が、一発逆転をイメージしているはず。ひと叩きした今回、上昇度 も相当期待できます。

そしてウオッカですが、ペースが甘かったとはいえ、2400メートルの ダービーで見せた上がり33秒0はハンパではありません。仕上がりが良 いとはいえ、前哨戦を使えなかったということは勝負勘とか緊張感といっ たものが微妙に影響するはずです。

押さえは、ローズステークスで躓いて位置取りが悪すぎたザレマと、オー クス馬・ローブデコルテ。8月に2回使ったラブカーナはカットします。

◎ダイワスカーレット
○ベッラレイア
▲ウオッカ
△ザレマ・ローブデコルテ