2007年【高松宮記念】予想見解

中京「高松宮記念」4歳上G1 芝1200M

ニュージーランドT、京都金杯と、マイルの重賞で2勝している◎マイネル スケルツィ。京王杯オータムハンデ(芝1600M 3着)や阪神C(芝1400M 3着) では1200Mを1分8秒台で通過しており、またマイルでは道中行きたがってい るだけに1200Mのここは、今まで以上のパフォーマンスを発揮する可能性大。

また、マイルチャンピオンSでは、テンの3ハロン34秒0というハイペースを 3番手で先行、ほぼ同じ位置にいたプリサイスマシーンに先着しております。 この内容から、今回は中団あたりで楽々と追走し、早めに追い上げれば押し 切ってしまうかもしれません。

馬場の悪化が気になりますが、前日の雨の影響が残り当日も昼ごろから雨 が降りだしてたマイルチャンピオンSで、特に問題はなかった様子。好勝負 を期待したいと思います。

相手は○シーイズトウショウ。仮に新しい力が台頭してこなければ、この 馬の実績をそのまま評価したくなります。昨年9月、雨の中京で行なわれた セントウルSの圧勝シーンが記憶に新しいところですが、中京は4勝という コース巧者。メンバー的に馬券にからむ可能性は高いと思います。

足踏みしていた準オープンを勝つとシルクSも連勝と登り調子の▲エムオー ウイナー。弱い体質を改善してやっと本格化した感じで、先週は坂路で 48秒8という破格の時計を叩き出し、さらに勢いを増しております。

△プリサイスマシーンは前走が58キロを背負って1着同着、3着とはハナ差 という接戦の競馬。緩めずに乗られているようですが、反動が気になるパ ターンです。

△スズカフェニックスはテンに飛ばしたら終いが不発してしまうタイプの ように感じられます。終いだけに賭ける競馬となれば、このコースでは大 きな不利。過去には4コーナー17番手からクビ差2着まで迫ったデュランダ ルの例もありますが、そこまでの力はないでしょう。

◎マイネルスケルツィ
○シーイズトウショウ
▲エムオーウイナー
△プリサイスマシーン・スピニングノアール・スズカフェニックス