2007年【弥生賞】予想見解

中山「弥生賞」3歳G2 芝2000M

中京2歳Sで負かされたダイワスカーレットをマークし、キッチリと借りを 返した前走の末脚は、33秒台という上り時計のイメージとは違い、じわじ わとシブトい地力を感じました。◎アドマイヤオーラは、距離が伸びてさ らに威力を増すタイプなのではないでしょうか。

これまで3走すべてが上り33秒台でしたが、たまたまスローペースであっ ただけで、比較的前でも競馬ができるタイプ。自在性があり好枠を引き当 てた今回、鞍上に武豊が戻ったことからも好勝負は間違いありません。

離れた2番手から早目に勝ち馬を急追した分、2着争いにも敗れてしまった 前走のきさらぎ賞。久々ということもあり、決して力負けではなかた○サ ムライタイガースは、ひと叩きした今回こそが勝負。

大出遅れでレコード決着となった新馬戦は別として、まだ底を見せていな い▲タスカータソルテは、久々の未勝利戦で2歳レコード、新馬の汚名を 返上。500万も連勝しましたが、ともに2000M戦であったことは強調してお きたいところです。

朝日杯FSで本命にしたように、本来なら一番強いと思っている△ドリーム ジャーニーですが、ここで目一杯のレースをするでしょうか?小柄な馬で しかも掛かり癖があるからでもありますが、中間は馬ナリ中心の調整。こ こで無理をすれば、本番の皐月賞で馬体減りとイレ込みという可能性も出 てしまいます。

G1を勝っているわけですから、もちろん出走権争いをする必要もなく、こ こは調教使いと判断します。ただ、最後の急坂で1ハロン11秒を切るか切 らないかという猛烈な瞬発力を見せた芙蓉Sと同じ中山コース。アッサリ 差し切っても不思議ありません。

◎アドマイヤオーラ
○サムライタイガース
▲タスカータソルテ
△ドリームジャーニー・メイショウレガーロ・モチ・マンハッタンバー