中山「有馬記念」3歳上G1 芝2500M

ダイワスカーレットに期待します。天皇賞(秋)は休み明けということもあり、パドックも本馬場もハイテンションでした。レースもやや掛かりぎみ。前半58秒7で引っ張り、レコードの2センチ差まで踏ん張りました。

勝ったウオッカ、3着ディープスカイらより厳しいレースをしたことは確か。しかし彼らとは違いジャパンカップへは向かわずここ有馬記念を目標にジックリ調整されデキは万全。管理する松田国師の手腕を信頼するばかりです。

スタートしてすぐにコーナーに入るので外枠からの逃げは脚を使います。枠順は不利な気もしますが、同型のエイシンデピュティが回避したことで道中は比較的楽なペースで進められます。

マツリダゴッホに敗れた昨年と比べ大幅にパワーアップしており、あとは自身との戦い。いかにリラックスできるかが問題ですが、その点外からプレッシャーをかけられないこの外枠は良かったのではないでしょうか。

マツリダゴッホは、昨年の有馬記念でダイワスカーレットを負かし、今年は59キロを背負った日経賞、オールカマーでも圧勝。そして脚の合わない東京でのジャパンカップ4着も、さらに地力強化の証。得意のコースに戻れば当然前走以上の結果が期待できます。

穴はメイショウサムソン。昨年は天皇賞(秋)を勝ち、ジャパンカップは時計差なしの3着。ウオッカには1馬身先着しておりました。続く有馬記念で凡走したのはその反動だったはず。今季はジャパンカップがいまひとつでしたが、凱旋門賞遠征の後でしたから仕方のないところ。追い切り云々はともかく、ここは間違いなく前走以上の力を出せるでしょう。

エアシェイディは休み明けのオールカマーが8分程度の仕上がり。続く天皇賞(秋)ではレコードの0秒1差5着と好走。アメリカジョッキーC(G2)を勝った中山にコースが替わること、この時期に調子を上げてくるタイプであることを合わせると上位争いも可能です。

3コーナーから急にペースアップする展開でドリームジャーニー。右回りに替われば生き返るタイプです。

逆にマツリダがスパートのタイミングを遅らせた時は、先行して粘るアサクサキングスに注意。心肺能力の高さは、59キロの大阪杯で実証済みです。

中間楽をさせた後に急仕上げぎみのアルナスラインと、使い詰めのスクリーンヒーローはカットしました。

 ◎ダイワスカーレット
 ○マツリダゴッホ
 ▲メイショウサムソン
 △エアシェイディ・ドリームジャーニー・アサクサキングス