2008年【朝日チャレンジC】予想見解

阪神「朝日チャレンジC」3歳上G3 芝2000M

小倉記念の予想では「圧勝」か「届かず」のどちらかといい本命にはできませんでしたが、走ってみれば他馬を子供扱いの圧勝ぶり。ドリームジャーニーにとっては今回もメンバーに恵まれたといえます。負けてはいられないでしょう。

相手は実績からトーホウアラン。3歳時は京都新聞杯(G2)、中日新聞杯(G3)と重賞を2勝しております。その後1年2ヵ月の長期休養を挟み、少しずつ本来の調子を取り戻してきている印象。開幕の絶好馬場で時計勝負となれば2000メートル1分57秒8という持ち時計から好勝負可能です。

あと勢いがあるのはホワイトピルグリム。前走で1000万を勝ったばかりではありますが、ラジオNIKKEI賞で4着のスマートギアに競り勝った内容は評価できます。3走前の京都新聞杯では展開が向かず4着ではありましたが、メンバー中最速の上り時計を記録したほどの馬。さらに上昇の余地もあるだけに注目したいところです。

函館のような時計のかかる馬場が、いかにも得意であるような言われ方をされてしまうエリモハリアー。昨秋の毎日王冠(G2)では3着のダイワメジャーとクビ差で4着、芝1800メートルを1分44秒5で走破した潜在能力を忘れるべきではありません。

◎ドリームジャーニー
○トーホウアラン
▲ホワイトピルグリム
△エリモハリアー