2008年【フェブラリーステークス】予想見解

東京「フェブラリーステークス」4歳上G1 ダート1600M

昨年のジャパンカップダートを制覇したヴァーミリアンと2着のフィールド ルージュ。3着以下に3馬身半の差をつけたこの2頭が、実力的には抜けた 存在といえます。

ただしヴァーミリアンは1月の川崎記念を飛節炎のため回避。その後は比較 的早めに時計を出しておりますが、いわゆる15-15程度。ビシッと追ったの は坂路で2本のみですから、時季的にも太目残りの不安はあります。

また、乗り方次第だとは思いますが、マイルは決して適距離ではありませ んので、あえて軸にはせず対抗まで。

一方、フィールドルージュはジャパンカップダートで一昨年3着→昨年2 着の実績に加え、名古屋グランプリ、川崎記念と連勝しここまで順調。昨 夏は小回りの函館1700mでオーン特別を連勝したようにマイルも守備範囲。 ここはフィールドルージュを本命とします。

体質が強化され、昨年とは違い輸送も気にならなくなったメイショウトウ コン。札幌のエルムステークスでは上り34秒5の脚で他馬を子供扱いしまし たが、これを見る限りマイルはベスト。太目を一叩きした今回は一発も期 待できます。

◎フィールドルージュ
○ヴァーミリアン
▲メイショウトウコン