2008年【京成杯】予想見解

中山「京成杯」3歳G3 芝2000M

昨年大活躍のダイワスカーレットやウオッカほどのスーパー牝馬かどうか はまだ分かりませんが、前走の勝ちっぷりを見る限り、リトルアマポーラ は相当な能力の持ち主。

前走は、京王杯2歳S(G2)で5着という実績から1番人気となったミッキーチ アフルを楽々と差し切りましたが、阪神の急坂を、それも重馬場のなかで ラスト1ハロンは当方の推定で11秒前半。

差し切られたミッキーチアフルは先週のシンザン記念でも5着と善戦しまし たが、あの脚を使われては敵いません。牡馬相手で初重賞となりますが期 待したくなります。

相手はラジオNIKKEI杯で6着とはいえ勝ち馬とは0秒2差と好走したダンツウィ ニング。坂路でラスト2ハロンを24秒台で上がってくる剛脚の持ち主。ダー トを使われていましたが、重馬場が向くタイプではなく、良馬場で大変身す る可能性もあります。

マイネルチャールズはフラワーC(G3)を勝ったマイネヌーヴェルの下。前走 は今回と同じコースで行なわれたホープフルS(OP)で、松田国厩舎の期待馬 ブラックシェルに競り勝ちました。スローで先行してきただけに速い時計 に対応できるかどうか。

◎リトルアマポーラ
○ダンツウィニング
▲マイネルチャールズ
△ランチボックス・アイティトップ