2008年【きさらぎ賞】予想見解

京都「きさらぎ賞」3歳G3 芝1800M

スローの追い込み馬であるブラックシェルとダイシンプランが折り合いに 専念すれば、前に位置する馬が有利でしょう。もちろん、展開利だけで勝 てるほど甘くもない素質馬揃いのレース。

レッツゴーキリシマも今回あたりは我慢しきれずに行ってしまう可能性が ないわけではありませんが、折り合えば先行して終いも切れる京都向きの タイプ。

朝日杯FSでは好位のインをキープして、そのまま2着に流れ込んだ印象です が、前半の半マイルが46秒3。決して先行馬に有利なペースではありません でした。

後続も脚を使わされたため、ラストでは追い詰められなかったように、こ の馬の武器は、先行して二の脚をつかえる心肺能力の高さ。連軸として期 待します。

ブラックシェルの前走は、ファリダット(次走の500万特別でも3着)が 1番人気になっていたように相手に恵まれました。しかし、一気に差して 突き放したインパクトのあるレース内容。そして良家良血でもありますの で相当走りそうな印象ではあります。

ダイシンプランは新馬戦でブラックシェルを差し切った馬。スローであっ たため時計は遅かったのですが、ラスト1ハロンは10秒台の前半。挫石など で間があいた前走はただ回ってきたという感じのレースでしたが、キッチ リ仕上がった今回は一変の可能性があります。

◎レッツゴーキリシマ
○ブラックシェル
▲ダイシンプラン
△メイショウクオリア・アルカザン